2015
03.16

気分転換に散歩をしたら1600万円の金塊を発見!!オーストラリア

コラム

これは運がいい!!

その男性とはシドニーの郊外、ウェッダーバーンという町に住む、ミック・ブラウンさん(42)。彼は数週間前、禁煙中だったため、ちょっとイライラしていた。

その様子に気づいた妻がブラウンさんに、気分転換のために外で新鮮な空気でも吸ってきたらどうかと勧めた。彼はその言葉に従い、家の近所を散歩することにした。

そして雑木林を歩いていると突然、何かにつまずき、転びそうになった。ブラウンさんは足元に落ちている物体を手に取ってみた。するとそれは金塊だった。

ブラウンさんは「最初、それは溶けた銅の塊のような色をしていました。しかしその周りの地面を15cmほど掘ってみると、キラキラと光る金色の姿が目に入ってきたんです」と取材で語った。

妻の言葉に従い、気分転換で散歩していたら、1600万円相当の金塊を発見

DSC03373

金塊の価格は1600万円だそうです。重量は2.5キロ。

これって自然に出来た金塊だったんでしょうかね?ゴールドラッシュとか言われていた時代ですからね。オーストラリアというと資源が多いイメージなのでこういった事もあるでしょうね。

 

日本は資源が乏しいので散歩で山を歩いていても金塊がごろんと出てきたりすることもないですし、中世ヨーロッパ時代のようなバイキングが隠した金塊というのもありません。夢が無いですよねぇ・・・。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。