2015
10.13

段ボール製のゲーム筐体が新発売!価格は1個10万円です

コラム

バンダイナムコグループの株式会社VIBE(東京都中央区、代表取締役社長:本田 耕一)は段ボール製のゲーム筐体型テーブル組み立てキット「げーむぼっち」を2015年11月下旬を目処に発売致します。今後の詳細などについては公式ツイッター上でアナウンスします。

スクリーンショット 2015 10 13 6 53 14

スクリーンショット 2015 10 13 6 53 07

 

段ボール製でモニターも付いていませんが本格仕様で価格は10万円!!

10万円ですよ!!!!

高校生時代は格闘ゲームが流行りゲーメストという雑誌が売れていました。ここにゲームセンターの筐体を個人で買う人とかよく出ていました。中古の筐体ほしいなぁと思っていた時期もありました。

ファミコンとかスーファミがまだまだゲームセンターの能力以下だったためです。それがプレステ3の登場で完全にゲームセンターと家庭用の性能差がなくなり、場所を取らない家庭用ゲーム機でいいんじゃないの?っていう雰囲気が生まれてきました。

 

いまではプレステ4の時代のため、圧倒的にゲームセンターの筐体よりも凄いゲームが出来てしまう時代です。

格闘ゲームくらいの再現は100%で出来る時代です。バーチャファイター2などを家庭内でプレイできるように劣化させ、100%再現できない時代があったというのは時代を感じますね。

 

本当にこういった筐体が欲しければ中古で結構安く買えるんですよね。

ただ、古いゲームしか動かないですし、筐体は汚れていたり錆びていますけどね。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。