2016
02.08

桜島大噴火!でも、鹿児島県は普通の事と誰も驚かない

コラム

気象庁によりますと、さきほど午後6時56分ごろ、鹿児島県の桜島で「噴火が発生した」ということです。気象庁は「噴火速報」を発表し、詳しい状況を調べています。登山者など、火山に立ち入っている人は身の安全を確保してください。今後の情報に注意してください。

「噴火速報」は、一定の期間、噴火が発生していない火山で噴火が発生したり、すでに噴火が発生している火山で、より規模の大きな噴火が発生したりした場合に発表される情報です。桜島には、現在、噴火警戒レベル2の火口周辺警報が発表されていますが、レベルが上がる可能性があり、今後の情報に注意して下さい。

スクリーンショット 2016 02 08 6 33 50桜島では、去年9月にかけて昭和火口を中心に活発な噴火活動が続き去年1月から9月までの爆発的噴火は700回以上に達していました。去年8月には南岳の直下付近を震源とする火山性地震が多発し、山体が膨張していることを示す急激な地殻変動が観測されたため、一時、噴火警戒レベル4の噴火警報が発表されました。しかし、その後、小規模な噴火も観測されず、火山性地震の回数も減少したことなどから、去年11月までに噴火警戒レベルはレベル2にまで引き下げられていました。

気象庁が噴火警戒レベル2でこれまで呼びかけていた噴石などに警戒が必要な範囲は、昭和火口と南岳山頂火口から1キロ程度の範囲です。一方、地元の鹿児島市は、噴火警戒レベル2であっても、火口から2キロ以内での立ち入り禁止措置を続けています。

https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20160205/5687301.html

 

テレビだと桜島が大噴火と言っていますが鹿児島県民だと、いつものこと。これだけ噴火していても問題なし。普通の事と言っています。

京都大学の教授にテレビのアナウンサーがコメントを求めていましたが、普通です。警戒する必要もありません。とコメントしています。

鹿児島県では一般的過ぎて普通にお店が営業し、何も問題が起きていない模様です。

 

桜島凄いですね。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。