2015
03.11

東日本大震災の影響で周辺の火山が活発化!登山は気をつけろ!!

コラム

去年9月に噴火した御嶽山について、気象庁は、火山活動は引き続き低下してきているものの、今後も小規模な噴火が発生するおそれがあるとして、引き続き、火口からおおむね3キロの範囲では噴石や火砕流に警戒するよう呼びかけています。
PAK25 kinokagekarahyokottoyubiwosasu500

気象庁が9日、発表した火山活動の概況によりますと、御嶽山では引き続き火山活動が低下してきていて、山麓(さんろく)で観測している二酸化硫黄の放出量は、1日当たりおよそ100トンから200トンと、やや少ない状態が続いています。
地下のマグマやガスの動きを示すと考えられる火山性微動は、去年11月以降は観測されていません。
一方、先月の火山性地震の回数は114回に上り、先月14日には1日で22回観測されるなど、去年9月の噴火以降、減少傾向にあるものの、依然として地震活動が続いています。
気象庁は、御嶽山では、火山活動は低下してきているものの、今後も小規模な噴火が発生する可能性があるとして、引き続き、火口からおおむね3キロの範囲では、噴火に伴う噴石や火砕流に警戒するよう呼びかけています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20150309/k10010009491000.html

 

東日本大震災の影響で周辺の火山系の山が危険状態になっていますね。すでに噴火は2箇所発生しています。

そりゃそうでしょうね。あそこまでの大きな地震で火山活動に影響が出なかったとは言えませんからね。危ないのでそういった山には登山をしないほうが懸命です。

 

頂上に到達したら大爆発とかたまったものじゃありませんからね。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。