2015
03.23

景気が良くなっているわけがない!!世論の意識調査でも生活が苦しい人が増加

コラム

景気が良くなっているといいますが経団連に加盟している企業くらいだと思います。都内でも消費が盛んになっているようにも思えません。

内閣府が21日発表した「社会意識に関する世論調査」によると、「悪い方向に向かっている分野」(複数回答)として「景気」を挙げた人は、前年の19.0%から30.3%に大きく増加した。昨年4月には消費税率が8%に引き上げられており、内閣府政府広報室は「増税で個人消費が落ち込んだことなどが影響したのではないか」と分析している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150321-00000065-jij-pol

 2014 12 26 07 53 47

百貨店へ行くと年配の客が多いです。

日本橋ではほとんどが会社役員の年配の人か2代目社長のせがれとかです。一般人はデパ地下と言われる食品売り場以外は極端に減ります。

百貨店へ行くと、50万、100万の腕時計が売っていますが85歳ぐらいのよぼよぼのおばあちゃんとかが孫にプレゼントと買いに来たりしていますからね。

 

そういう人のお金の使い方を見ると、お金がいっぱいあるので特に景気を意識しているという感じもないです。

必要なら買うし、必要ないなら買わないし、そこまで値札を意識していないです。どうせ百貨店のケースに売ってる時計は100万、200万くらいだろうと思っているわけです。

個人で買っている人は全然見かけません。2月頃は中国の旧正月だったので中国人をよく見ました。免税店だったりしますし、円安ですからね。日本人で百貨店に行き何かを買っている人は本当に若い人でいません。

池袋や原宿に若者はいっぱいいます。休日は1000円程度の飲食をする人が多いです。

 

若い人は非正規が増えていますし、新卒も3年で退職する人が多いです。その中で何とか生き残って正社員で続けている人が普通の生活が出来たりします。非常に格差が生まれやすいです。

一般的に好景気を感じません。かと言って生活苦で消費が下がっているようにも感じません。一般人は貯金をせず何となく普通に使っていきますのでいつもよりも給料日前にお金に苦しくなるのが早いなぁという感じのパターンが多いです。

 

景気がいいのは中国人ですよ。円安で銀座や日本橋に来て2月はガンガン買い物をしていました。旧正月だから。

池袋の一風堂に行けば中国人旅行者だらけです。

日本人は不景気ですよ。ますます格差は広がりますね。本当にゆとりがない人は外に出歩かず家にこもるようになりました。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。