2016
02.10

日本人は自分が務める会社の将来に悲観的だし、日本の将来も悲観的

コラム

日本は将来へ抱く展望が悲観的な「悲観大国」であることも明らかになりました。同調査において、日本人で「自分と家族の経済的な見通しについて、5年後の状況が良くなっている」と回答した人は知識層19%、一般層15%。これもグローバル平均の知識層55%、一般層47%を大きく下回り、最下位となっています。

スクリーンショット 2016 02 10 6 40 33

https://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1602/09/news078.html

 

日本のサラリーマンは自分が勤める会社の将来にも悲観的ですし、日本の将来にも悲観的らしいです。アンケートを取ると世界最下位らしいですが・・・リストラ、年金問題、税金、雇用など、ひどい状態が続いていますからね。

 

日本人からするとこの調査結果は納得としか言えませんね。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。