2015
07.13

日本人は睡眠が少ない!ビッグデータでウェアブル端末の世界的平均を見ると思想の睡眠時間が分かる

コラム

ウェアラブルデバイスで睡眠、運動、食事のライフログデータをトラッキングする「Jawbone」は、自社ユーザーのデータから「世界で最も寝ていないのは日本人」ということを割り出して公開していますが、「どれくらい眠れば幸せになれるのか?私たちはデータを持っている」ということで、寝過ぎでも寝不足でもないベストな睡眠時間などが算出されています。

 

What Makes People Happy? | The Jawbone Blog
https://jawbone.com/blog/what-makes-people-happy/

スクリーンショット 2015 07 13 6 43 32

睡眠時間が8時間に近づくにつれてユーザーの気分は上昇していく傾向にあり、8時間~9時間30分眠るユーザーの気分の平均値は「6.6~6.9」の最高値を出しています。それ以降は10時間以上眠っても気分数値は下がり始めているため、寝れば寝るほど良い、というわけではないことがわかります。

https://gigazine.net/news/20150707-jawbone-enough-sleep/

 

自分の場合、6時起床なので寝る時間は8時間となると22時に寝ないと行けませんね。

田舎の両親や近所のお父さんなどを見ると昔からの人は22時には寝ていましたね。21時で寝る人もいます。田舎の人のほうが理想的に寝ていたりします。何もないからテレビかネットくらいなので録画してテレビを見るとかネットをするという習慣がない世代は早く寝るような気がします。

 

自分の場合、22時には寝れないので22時半に寝て、7時間半は寝るようにしています。

でも、鼻詰まりとかアレルギーなどで朝4時位に起きてしまったり、仕事のプレッシャーで寝れるけど早く置きてしまうことも多いです。

だから、実際は寝るとしたら21時半にはベッドに入り、本を読むなど寝る体制にしてから寝ないといけません。そうしないと早く寝ても眠りの質が悪くなってしまいます。

 

その時間で寝ようとすると、それなりに早く会社から帰ってこないと行けませんし、通勤時間もそれなりに掛からない場所に住んでいないと無理です。

日本人は睡眠がもっとも少ないと言われていますが会社の残業だけではなく、職場から遠いなど、様々な理由がありそうです。

 

ただ言えることは寝る前のネットは本当に睡眠の質を悪くします。寝る前にスマホやタブレットは辞めましょう。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。