2017
02.24

日本マクドナルドの株主優待券が廃止になるとか議論されているらしい

コラム

 「日本マクドナルドホールディングス(2702)」が揺れている。2017年1月、突然米国本社が保有株式の大量売却を発表したためだ。「日本マクドナルドHD」は、株主優待目当てで買う個人投資家が極端に多いことで知られており、今後海外ファンドなどに買収されて、優待が廃止されるのでは?  という懸念も広がっている。そうなれば、株価の暴落もあり得るだろう。そこで、ダイヤモンド・ザイ4月号では、株式市場に精通するプロに、「日本マクドナルドHD」の今後考えられる動きを分析してもらった。

2

魅力的な株主優待制度が、「日本マクドナルドHD」の株価を支えてきたが…
 「日本マクドナルドHD(2702)」の株価が、2017年1月中旬に急落した。1月12日付の米紙『ウォール・ストリート・ジャーナル』が、米国のマクドナルド本社が保有する「日本マクドナルドHD」の株の33%を売却するため、買い手候補に条件提示を求めていると報じたことが、その原因だ(※ただし、その後株価は、2016年12月期決算の発表で、3期ぶりに最終黒字となったことを受けて急回復)。
 米マクドナルドは1月10日に中国法人の売却を発表しており、「日本マクドナルドHD」株の一部売却についても、一昨年来、幾度となく報道され続けてきたので現実味がある。一般向けに売り出す可能性も皆無ではないが、報道どおりならファンドなどに一括売却する公算が大きい。
 この報道で株価が急落したのは、「日本マクドナルドHD」が海外ファンドに売られた場合、個人投資家に人気の高い株主優待制度が廃止されてしまうのではないかという不安が生じたからだ。

https://m.finance.yahoo.co.jp/news/detail/20170223-00118869-dzai-column

 

マクドナルドの株主優待は本当に強いです。あのおかげでチキンナゲット問題が出てもまったく株価は下がりませんでした。

本国のマクドナルドは他国の保有株を売っていますがそれくらい財務状況が厳しいんでしょうかね?世界的に先進国ではマクドナルドは体に悪いというイメージが強いようです。

健康的な食品を食べる人が増えて寿命が伸びていると言っても店に行くとカップラーメンやスナック菓子、外食すればマクドナルドとか普通にありますからね。

マクドナルドの株主優待券は廃止になるとはあまり思えませんね。改悪で配布枚数を減らすとかなら考えられますけどね。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。