日本は残業して当たり前の労働賃金なので残業がないと年収が大幅に下がってしまう問題がある

コラム

 残業時間の上限が月平均で60時間に規制されると、残業代は最大で年8兆5000億円減少する―。大和総研は、政府が掲げる働き方改革で国民の所得が大きく減る可能性があるとの試算をまとめた。個人消費の逆風となりかねないだけに、賃金上昇につながる労働生産性の向上が不可欠となりそうだ。
 政府は働き方改革の一環として、罰則付きの残業上限規制の導入を目指している。実現すれば繁忙期を含め年720時間、月平均60時間が上限となる。
 試算によると、1人当たりの残業時間を月60時間に抑えると、労働者全体では月3億8454万時間の残業が減る。年間の残業代に換算すると8兆5000億円に相当する。
 残業時間の削減分を新規雇用で穴埋めするには、240万人のフルタイム労働者を確保する必要があるが、人手不足の中では至難の業だ。 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170821-00000068-jij-bus_all

 

残業代をしっかり払っているのは大手と公務員くらいですね。中企業なら、払っているところは払っていますが零細企業や小企業だと勤怠もしっかりと取っていないところも多いです。しっかりと取ると残業代や休日出勤の問題が出てきてしまうためです。

あので残業代を試算する計算式も世の中が満額残業代を支払われているという理論で計算すると間違っています。大手企業ではワークライフバランスやダイバーシティの議論が活発です。介護離職などもありますが殆どが女性活躍とかそういうことを抱えていることが多いです。

女性が正社員で雇用を維持して辞めずに定年まで働くって言うのはなかなか環境的にも難しいです。同一労働同一賃金という問題もあります。政府が掲げるようなことをするとそれはそれは大変な事になります。残業削減で早く帰すと年収が大幅に減るというケースも日本では多いです。残業代ありきで仕事をしているパターンが多いのです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。