2015
04.06

日本にはIT技術者が不足しているマイナンバー制度開始に伴い海外の技術者を増やします

コラム

IT業界で技術者の不足が深刻になっているとして、経済産業省は、アジア各国でITを専攻した学生に日本で働いてもらおうと、日本語学校への留学や卒業後の就職を支援する組織を設立する方針を固めました。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20150404/k10010038361000.html

AL202syazai220140830165542500 

IT業界に就職はいいことなのか?

義務教育でプログラムを勉強させるようになるけど、子供には絶対にプログラマーにさせたくはないなぁ。

新3Kって言われている業界だからね。プログラマーと介護事業には就職して欲しくはないと思います。ですが日本の政府はIT業界をアメリカのGoogleやMicrosoftのようにしたいようです。

年収が全然違いますからね。

日本の場合、低賃金・労働環境悪い・長時間労働で体壊すイメージが強く、専門学校卒の使い捨てプログラマーが沢山います。

ホームページ制作会社だと、請負でスタバで作業したり、コワーキングスペースで作業したりしている人もいます。


IT業界では、国民一人一人に番号を割りふる「マイナンバー制度」の運用が来年から始まるなど大型のシステム開発の案件が増えていることから、IT技術者のことし2月の有効求人倍率は2倍を超えています。
技術者の不足が深刻になっているとして、経済産業省は、ベトナムやインドなどアジア各国でITを専攻した学生に日本で働いてもらおうと、日本語学校への留学や卒業後の就職を支援する組織を、ことし夏にも設立する方針を固めました。
経済産業省によりますと、ベトナムのIT企業が、ことしから3年間で5000人の技術者を日本語学校へ留学させることを検討するなど、日本のIT需要を取り込もうという動きが活発化しているということです。
経済産業省は、こうした取り組みを通して、2020年には技術者としての在留資格などで日本のIT業界で働く外国人を今の2倍に当たる6万人にまで増やしたいとしています。

 

ボロボロに使われて年収300万以下がゴロゴロいる世界だからなぁ・・・。

そうはいっても大手で年収700万円以上貰っている人もいますが基幹系データベースエンジニアか、上流SEですからね。

WEB系のプログラマーとかホント悲惨です。でも本屋に行くとWEB系のプログラムの本が溢れています。そういう人が学生で多いんでしょうね。

 

建築業界の方が余程マシで、工程管理などをしていますが、IT業界は契約欲しさに営業から工程管理を無視した仕事をとってきます。

平均1年かかるものを半年で作れというのが通常であり、途中で修正もバンバン入ります。その修正を数日で完成させろとか。

それを会社は平行で3個も6個も案件を一人にやらせますからね。そりゃ会社は儲かりますが使われている人はボロボロになって辞めていくわけです。

そういう業界です。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。