2015
10.07

新型Surface4をマイクロソフトが発表

コラム

マイクロソフトがSurface Pro 4正式発表。第六世代Core i搭載でPro 3比30%高速化、本体も薄く軽量に

スクリーンショット 2015 10 07 8 18 09

 マイクロソフトのWindows 10デバイスイベントより。噂のSurface Pro 4が正式発表されました。米国での予約受付開始日は10月7日からで、発売日は10月26日。価格は899ドルから。


スクリーンショット 2015 10 07 8 18 19

https://japanese.engadget.com/2015/10/06/surface-pro-4-core-i-pro-3-30/

特徴としては、本体の薄型、軽量化と液晶ディスプレイの拡大および高解像度化、CPU(SoC)を第六世代Core iとしたことによる高速化、最大メモリとストレージ容量を16GBと1TBまでに向上。

さらにペン入力の精度と圧力検知精度の改良、別売りキーボードであるタイプカバーの改良……と、パッと見レベルの外観の変更はほぼありませんが、順当かつ大幅に弱点を強化したのがポイントです。

 

ノートパソコンのようにキーボード脱着式も発売です。

これはソニーが売却したバイオ株式会社でも同様のバイオを既に発売していますし、NECとか国産メーカーもタブレットとキーボードで発売していますね。

 

価格が高いのでそれだけがネックかと・・・。

今話題の非力なステック型PCを買うよりは全然、使えそうです。価格がやすければ本当に欲しいです。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。