2016
10.28

新型MacBookAir、MacBookProが発表。11インチは販売終了

コラム

アップルのHello Againイベントでの発表直後、さっそく日本のアップルストアでも新型MacBook Proの購入受付がスタートしました。Touch Bar非搭載の最も安い13インチ版は148,800 円~(税別)、Touch Bar搭載の13インチは178,800円~(税別)、15インチ版は238,800円~(税別)と、最近の円高を反映した価格となっています。

米国では本日発売とされましたが、日本国内でもタイムラグ無しで本日より発売。最も安価な13インチ版の出荷は早めの10月30日~、Touch Bar搭載型の13インチ版と15インチ版の出荷日は2~3週後と記載されています。

https://japanese.engadget.com/2016/10/27/macbook-pro-touch-bar-178-800/

10

やっと新型のMacBookProとMacBookAirが発表されましたね。

MacBookAirは11インチが廃止され、13インチは特に目立ったバージョンアップはありませんでした。価格が値下がったのは大きいです。

 

こう見るとMacBookAirは既に役割を終えているのかなと思います。今になってみるとマイクロソフトサーフェスの方が優れていると思います。

私は9月までMacBookProとMacBookAirを保有して3年以上使用していましたがマックに見切りを付けてすべて処分しました。

Windows10にしました。

 

アップルの売り方を見るともうMacBookAirなんて買わないで軽量になってRetinaディスプレイのMacBookProを買いなさいといっているように感じます。

タッチセンサーが特別魅力的にも思えませんし、マイナーバージョンアップ程度にしか感じませんが為替が円高になっている分、安くなっているのは大きいです。

欲しい人は買った方がいいでしょうね。

 

私は今のMacに魅力を感じません。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。