2015
07.22

新国立競技場デザイン中止、再検討により民主党がバッシングをするのは正しいとは思えない

コラム

安倍総理大臣は、総理大臣官邸で、記者団に対し、東京オリンピック・パラリンピックのメインスタジアムとなる新しい国立競技場について、「現在の計画を白紙に戻し、ゼロベースで計画を見直すと決断した」と述べ、計画を見直す方針を表明するとともに、下村文部科学大臣らに新しい計画を速やかに作成するよう指示したことを明らかにしました。
2020年の東京オリンピック・パラリンピックのメインスタジアムとなる新しい国立競技場の建設を巡っては、費用が基本設計よりおよそ900億円多い2520億円になることが決まったことに対して、計画の見直しを求める声が与党内からも出ています。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20150717/k10010156301000.html

スクリーンショット 2015 07 20 9 55 06 

この新国立競技場のデザイン決定は民主党時代に決まったものですけど、自民党政権になりあまりの費用高等により中止、再検討が決まりました。

そりゃそうでしょ!?

あまりにも高すぎますし、いまから違約金払ってやめても国民の理解は得られるでしょう。

 

それを決めた民主党が自民党政権を叩くというのはどういうことかと思いますね。

野党のバッシングが全然、的を得ていないのが最近気になります。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。