2015
07.14

新国立競技場は解体費と維持費で1兆円は超える。後世の世代を苦しめることになる

コラム

建物の竣工から解体廃棄まで全体の費用を算出する「ライフ・サイクル・コスト」(LCC)の考えに基づき、建築エコノミストの森山高至氏が2020年東京五輪・パラリンピックのメイン会場となる新国立競技場について試算したところ、1兆円を超えることが9日、分かった。森山氏は「財政的に恐ろしい未来が待ち受けている」と警告した。

2015 02 06 16 34 53

 LCCは建設費、維持管理費、光熱費、修繕費、解体処分費などを含めて算出する。民間会社や地方自治体が、ビルや学校が建てられ、解体されるまで全体の費用を把握することで修繕計画などに生かすためのもの。建設費の4~5倍の金額が目安とされる。森山氏の試算によると、新国立の整備費を2520億円とすると、建設から解体まで1兆80億~1兆2600億円。五輪後に設置するとされる開閉式屋根の費用約300億円、資材施工費の高騰分を20%とすると、さらに増えて「天文学的な数字」となるという。解体までの50年間の物価上昇等を見込むと、「後世の国民を苦しめることになるだろう」と森山氏は指摘した。森山氏は、早大理工学部、同大学院政経学部卒の1級建築士。新国立建設問題に詳しい。

https://news.livedoor.com/article/detail/10330879/

 

何でこんなことになってるのかなぁ。屋根なんていらないから世界の過去20年間のオリンピック費用を算出し、平均以下に収まるように出来ないのかなぁ。過去5カ国で開催された競技場建設費をすべて足したものをこの新国立競技場は越しています。

 

高すぎです!!!

これでも国や都の意見が通るわけですからとても資本主義の考えではなく、社会主義ですよ!!!

こういう動きを見ると日本って先進国というよりも中国の社会主義に政府の動きが似ていますね。個人の幸せよりも政府の幸せが優先されます。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。