新国立競技場は東京オリンピック終了後に民営化を目指すそうです

コラム

新国立競技場の建設費が高騰し、デザインからすべて見直しということになりました。

新しい方針が出ていましたよ!

 

11日、「新国立競技場の整備計画」に関する政府の基本方針の概要が分かった。

設計・工事を一括発注する「デザインビルド」方式を採用
開閉式屋根は設けず、屋根は観客席の上部のみ
原則スポーツの利用に限定
公設民営化
14日の関係閣僚会議で正式決定するという。

 

https://irorio.jp/nagasawamaki/20150812/251993/

 

この内容だとオリンピック終了後は民営化になり、国立競技場ではなくなるようです。でも、目的は競技だけ。

年間の維持費が20億円赤字になる新国立競技場を民営化するといって果たして誰が買うんでしょうかね?

 

まだまだ迷走は続きそうです。普通の競技場でも全然、いいのにね。お金かけすぎです。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。