2015
07.15

新国立競技場の建設費が高騰している!?都内に来る人に毎月1000円徴収しよう!!

コラム

石原慎太郎・元東京都知事(82)は12日、フジテレビの「新報道2001」に出演し、総工費が2520億円に膨らんだ2020年東京五輪・パラリンピックのメーン会場、新国立競技場の財源捻出策として、東京都による新税導入を提唱した。通勤などで東京都内に流入する都外在住者を対象にして毎月1000円を徴収すれば、年間約600億円が入ると指摘。舛添要一都知事(66)に導入を強く訴えた。

https://www.sankei.com/sports/news/150713/spo1507130005-n1.html

 2015 02 06 15 43 48

凄い考えだよね。

まぁこれで新国立競技場の建設費を節約する気は一切ないことが分かる。建築家の試算だと取り壊しと建設に維持費で一兆円は掛かると言われていますから、東京オリンピック後はかなり後世にこの負担が残るでしょうね。

オリンピックが開催されて果たして日本は幸せなんだろうか?

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。