2015
12.17

教師が先生をいじめる問題が増えているが最近になってクローズアップされているだけだ

コラム

愛媛県の中学校で40代の男性教師が中学1年の男子生徒(12)に暴行を加えていたことが分かった。暴行は、頭突きやビンタなど20分にわたり、教師は生徒と母親に対して謝罪した。

 暴行が発覚したのは愛媛県松山市の市立津田中学校。男子生徒は10日の放課後、教室で友人とふざけていたという。生徒の母親によると、担任の教師は男子生徒の頬をつかんだ状態でトイレに連れていき、カギを閉めた上で約20回にわたりビンタや頭突きなどの暴行を加えた。

https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20151215-00000080-nnn-soci

PAK85 lalaokotteiruOL20140321500 

こんな先生、自分が小学生の時、普通にいた。

生徒を耳で引っ張るのを普通にし、転校生の初日の挨拶がモゴモゴしてしゃべれないとクラス制との前で宇宙人と笑い、その転校生は虐めにあい、そういう先生が一人だけではなく、各学年に2人はいた。3クラスしかない学校なのでつまり、半分以上はそんな先生だった。

 

田舎の学校でいまは都会に住んでいるが都会で採用されるような若い先生もたまに採用されることもあったが殆どがそういった先生の中に放り込まれるので集中的、集団的な先生同士の虐めにあい、精神がやられていった。

 

今だって何も変わっていないように思える。

自分の世代で千葉県の小学校教諭になっているのも親が教育委員会で働いており、子供を全員教員にした。

ろくでもない私立で5流どころか6流というような学校を卒業し、下着を盗んだりする常習犯だった。それでも、いまは30代前半で千葉県で教師をしている。こういったことは問題にならないのだろうか?

 

時代が変わっても何も変わらない。教師の質が悪い。

都会に出てきて公立の先生ですら違うことに驚いた。自分もこの様な学校で育ったら、どれだけ良かっただろうか?地方の教師は教師と言えないほど質が悪い縁故の先生が多い気がする。日本の義務教育のこれらの問題は生徒のいじめが解決しない事に直結している。先生の質が悪いのだからいじめがなくならないのだ。

国民は何故、義務教育の問題を声高に掲げないのだろうか。20年後、30年後だって何も変わらないと思われる。いまの教師の世代が引退する頃にはその子どもがまた縁故で採用されたりするだけだ。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。