2016
08.13

政府がプレミアムフライデーを検討中。月末金曜日は、15時退社が増えるかも!?

コラム

個人消費を喚起するため、政府や経済界が月末の金曜日の午後3時に退庁・退社し、夕方を買い物や旅行などに充てる「プレミアムフライデー」構想を検討していることが12日、分かった。経団連は政府に先行して、10月にもプレミアムフライデーの実行計画を策定する方針だ。


PHM11 0662


 政府は2020年をめどに名目国内総生産(GDP)の600兆円実現を掲げている。経団連は、実現には現在300兆円にとどまっている個人消費を360兆円に引き上げることが欠かせないとみている。

 プレミアムフライデーは、早い時間での退庁・退社に合わせて夕方に流通業界や旅行業界、外食産業などが連動してイベントを開催するという内容。流通業界には商品価格を引き下げる「セール」への抵抗があることを踏まえ、イベントによる消費喚起を前面に押し出していく。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160812-00000002-fsi-bus_all

 

プレミアムフライデーは実現するでしょうかね?

お金を使う時間がないと言うのは都会のサラリーマンでは言えることだったりします。日本人はもっと連休が増えれば消費が上向くと思います。連休なのに家にいると言うことは無いですからね。

 

仕事で拘束されていると、それだけで仕事・仕事。疲れたー。早く帰ろうという感じになります。

 

自分が仮に月末金曜日だけ15時退社になったら、何をするかというと、週末の買い物を早めにやったり、ジムへ行ったりしますね。

お金を使うのは毎月決めているのでそういう状況になったからと、財布の紐が緩むというわけでもないですね。

 

100円マックとか、LCCで激安旅行へ行くなど、お金をあまり使わないですからね。

普段からゴルフに行ったり、国内旅行へ頻繁に行く人はもっとお金を使うでしょうね。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。