投資家の悲劇!!レセプト債に3%利回りで投資していたら回収不可能に

コラム

医療機関の診療報酬請求権を基に、資産運用のための債券(レセプト債)を発行しているファンド3社と運用会社1社が破綻し、顧客への配当が止まったことがわかった。

 3社の発行債券の残高は約227億円に上るが、数千人の顧客が償還を受けられない可能性がある。ファンドの決算内容に不審な点があることから、証券取引等監視委員会が調査を始めた。
 6日に東京地裁に破産手続きの開始を申し立てたのは、「メディカル・リレーションズ・リミテッド」(東京都新宿区)などファンド3社と、関係する運用会社「オプティファクター」(品川区)。メディカル社は同日付で破産手続き開始決定を受けた。4社の負債総額は約290億円。
 関係者によると、メディカル社などは、病院や薬局が健康保険組合側に請求できる診療報酬の権利を買い取り、元利金の支払いに充てる債券を発行。年利は3%で、国内の七つの中小証券会社が延べ数千人の投資家に販売していたという。

 

https://www.yomiuri.co.jp/national/20151108-OYT1T50001.html

 

債権への投資って投資家からするとある程度安全という意識で投資をしていると思います。

レセプト債は利回り3%なのでかなり高いですね。でも、ファンドに手数料でとられるので実際は1%くらいの利回りを投資家は得ていたと思われます。

たった1%の利回りを狙って投資をしていたら、全額パーになるとは・・・。

日本人も数百名がファンドに投資をしていたようです。投資って安易にやっていると本当に保証もなく悲惨ですよね。何もしないで貯金でもしていたほうが利子は付かないけど、損はしませんからね。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。