我が家の小学校1年生の教育状況について

コラム

小学校1年生のドリル代が徐々に掛かってくるようになりました。今までは幼稚園もすべてダイソーの100円ドリルを使用し、小学校からはダイソーの100円ドリルとセリアの100円ドリルを使用し、計算問題、文章問題、図形、ひらがな、カタカナ、漢字、読解などを繰り返し行い、4月から夏までに30冊を目標に繰り返し実施してきました。

秋からは2学期になります。1年生の勉強は100円ドリルの繰り返しで終わっているため、四谷大塚の全国統一テストが11月に行われるため、これを意識したハイレベル問題集やトップレベル問題集を行う必要があります。このドリルが100円ショップの1冊100円と比較して非常に高いです。1冊1500円程度します。

低学年のうちは、ドリルに直接記入するため、ノートを使わず何度も何度もドリルを買う必要があります。この出費がジワジワと効いてきます。Z会の先取りドリルで社会と理科が小学校2年生くらいを対象にして販売されていますのでまずはこれを買います。普通のものですと3年生、4年生を対象にしいているため漢字が使われていて1年生には使いにくいものになっています。

 

我が家では1年生では四谷大塚の全国統一テストを無料で受け、2年生はこれに追加して日能研の無料テストを受けようと思っています。これで年間4回は無料テストを受けます。

算数検定と漢字検定を小学校1年生から、段階的に級をあげて受験させようと考えています。10月下旬くらいに小学校1年生を対象にした算数検定と漢字検定を受けます。過去問を見てもわざわざ専用の問題集を850円出して買うレベルではないと思うので過去問は一切買わず、受験させようと思います。

どうしても義務教育の公立小学校だと私立中学受験を意識した勉強をしいていると簡単すぎて井の中の蛙状態になります。定期的に全国統一テストを受けさせたり、検定を受けさせることでテストに場慣れさせることと他校で中学受験を意識している猛者と一緒に同じ教室でテストを受けることで自分はまだまだレベルが低いという意識を持たせることが出来ます。

公立小学校の勉強は、自宅で先取りして教科書を読ませたり、先取りして教科書の計算をやらせる親もいます。教科書にあわせた学習が出来る教科書ワークも販売されていますが我が家ではそういう教科書基準の

勉強は一切しておらず、中学受験用の問題ばかり解かせて、それが出来るなら公立小学校の授業レベルは何もしなくても100点取るのが当たり前、100点取れないときはうっかりミスなのか確認する程度です。

 

小学校低学年だとやっている内容が少ないので毎日、宿題以外に1時間ドリルをやるだけです。毎日、1時間~2時間くらいはゲームをしますし、1時間~2時間くらいはアニメも見ます。放課後、友達と遊ぶ時間もあります。睡眠時間も十分に7時間以上とれています。

勉強以外にメンタル面や体験学習も必要ですし、体力を付ける必要があります。夏の休日はひたすらプールで練習をして、秋からは空手を習わせます。習い事は3年生になる頃には減らしていきたいです。

将棋も毎日訓練しています。駒の動きは完璧に出来ているので詰め将棋的な手数を少なくして王手にする方法などを教えています。将棋教室にも行きましたがまだまだ低学年なのでゲームの将棋で2段くらい軽く勝てるレベルの自分ですから、毎日子供に自分が教えればいいと教えています。子供も段々将棋が出来るようになると将棋入門の本を読むようになるため、テクニックを徐々に覚えるようになりました。

 

読解用に活字の絵本や本(かいけつぞろり程度のひらがなだけの本)を図書館が無料なので毎週、数冊借りてきて寝るときに寝床で読んで寝ます。一週間で数冊読めていますがやはり親として思うのは小学校

低学年は私のような社会人と違って圧倒的に時間的余裕がとんでもなく多くあることです。勉強しようがゲームをしようが遊ぼうがまだまだ時間があるわけです。自分が仕事をしつつ、その他に6時間以上も自由に出来る時間が毎日あったらどれだけ幸せでしょうか。

日曜日はプールに行って教えたり、秋や春は自転車の練習やサッカーの練習、年間で博物館に行ったり、休日はどこかへ必ず連れて行きます。工場見学など体験学習を増やし、ボキャブラリーを子供の中で増やしてもらいたいという思いがあるからです。

これをお父さんとお母さんは子供の数だけやらないといけないのです。子供にかなりの時間を取られるようになりました。しかし、動物の親も狩りの仕方を教えたりします。人間ならば今の時代、教育です。一生戦える状況に学習、メンタル面、体力を鍛える必要があります。時間とお金は掛かります。単に勉強だけではなく、メンタル面も強化していかないと高学年になってくると鬱病や引きこもり、登校拒否になる家庭を見てきました。勉強だけをやるとしても期間は非常に長いです。思春期など様々な状態変化も発生します。メンタル面や体力も強化しなければ一生で見たら戦えません。

 

3年生になる頃にはパソコンやプログラムなども覚えさせる必要があります。これは中古のパソコンが15000円くらいでいくらでも購入できる時代なので子供用のパソコンを購入します。破壊しても問題ないようなレベルでマウスやキーボードの練習をさせるつもりです。

 

次男でもこれをやるのかと思うと親の負担は大きいです。本当に自由に出来る時間というのは土日の2時間程度です。その時間でイオンラウンジにいって無料の飲み物を飲んだり、自宅や公園で携帯ゲームをしたりします。

通勤電車は朝は日経新聞を読み、図書館で借りた本を読みます。帰りの電車でスマホにテレビ録画をした番組をお出かけ転送し、それを見ています。なので自分がテレビを見るのは帰りの通勤電車だけです。

睡眠は子供に合わせて22時半には寝てしまうので7時間半くらいは寝ます。風呂に入って筋トレを腹筋100回、腕立て伏せ30回くらいを毎日行い、会社の昼休みは30分以上ひたすら早歩きをして体力を落とさせないようにしています。体型も維持できなくなるのでこれは毎日の習慣で必ず行っています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。