引きこもり5年以上継続している40歳以上が引きこもり人口の6割突破

コラム

県内の「ひきこもり」該当者のうち、40歳以上の占める割合は6割を超えるという衝撃的なデータが、山梨県の調査で明らかになった。
 このところ、山形県や島根県でも、40代以上が半数を超えるという同様の調査結果が相次いで発表されており、引きこもり状態にある人たちの高年齢化の傾向は、ますます進んでいることが改めて裏付けられた格好だ。

「40歳以上」「5年以上」が6割超高年齢化、長期化が浮き彫りに


引きこもりの高年齢化、長期化がますます加速している 山梨県の調査は、今年7月、県内に担当地区を持つ民生委員や児童委員2337人に対してアンケートをとる方法で行われ、8割近い1851人から回答を得た。
 調査を行った県障害福祉課の心の健康担当によると、10月9日に「山梨県ひきこもり相談窓口」が開設されたことや、4月から生活困窮自立支援法の施行を受けて、市町村でも「ひきこもり施策」を具体的に進める中で、身近な地域で継続的な支援ができるようなネットワークを構築することになったという。そこで、県内に支援を必要としている人がどのくらいいるのか、どのような人たちがどのような背景で引きこもっているのかを把握するため、調査を行った。

https://diamond.jp/articles/-/81093

 

引きこもりの高齢化が浮き彫りになってきましたね。

自分の親戚も引きこもりやフリーター、完全引きこもりではなく、半引きこもりなど何パターンかありますがどんどん高齢化しています。

私も仕事をしてサラリーマンをしていますがどんどん高齢化しています。中年です。

子供はどんどん成長していきます。時代の流れを感じます。

 

要するに昔よりも自分たちの世代、就職氷河期世代です。子供時代は親がバブル世代で自分たちは就職難民。

1度就職するもブラック企業でやめてしまったり、引きこもりの原因は様々です。労働環境の悪化も理由でしょうね。

現役で頑張っている人も大変です。厚生年金やら介護保険、消費税など、どんどん負担が増えていますからね。可処分所得は厳しいです。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。