2015
11.05

弁護士が伝授!口喧嘩で勝つ方法がすごく役に立つ

コラム

口喧嘩に勝つためには、威嚇のような大声を出したり、ベラベラまくし立てるように話してはいけません。

木山さん「まずは冷静になり、相手をよく観察することです。一歩引いた視点で相手とやりとりができるようになります」

口だけを使っていれば勝てる喧嘩も勝てません。相手のことを知らずに戦えばこちらが痛い目にあいます。目や耳も使って挑むのです。

PAK85 lalaokotteiruOL20140321500

木山さん「相手がなぜ怒っているのか、感情的になっているのかを分析します。しかし、話しながら考えるのは難しいため、聞き役に回るのが良いです。黙っていても相手はどんどん話してくれます」

相手の言葉全てに反論したくなりますが、そこはグッと堪えて、相手の言葉を受け止めるのです。相手と同じ土俵に立つと感情的になってしまい、観察ができなくなってしまいますから。黙っていれば、当然キツイ言葉も浴びせられます。しかし萎縮せず、冷静に対処すれば自分を見失うことはありません。

相手の言葉から反論する材料を揃える

木山さん「言葉は情報です。相手が喋ったことを聞き漏らさないためにも観察することです」

「沈黙は金」ということわざがありますが、まさにその通りです。下手にこちらが喋ると相手にとって有利な情報を提供してしまいます。「何とか言えよ!」と言われても二言三言で返し、相手に話をさせましょう。

木山さん「相手の怒りに応じず、どれだけ冷静でいられるかが重要です。口喧嘩であれば相手は話せば話すほど感情的になっていきます」

黙っている間は反論するための準備の時間です。「早く終わらないかな」と考えているのではなく、相手の言葉や表情に耳を傾けて話の弱い部分を探します。相手の話が一段落したところでようやく口を開くのです。

饒舌に話していたときとは違って、相手の話し方に勢いがなくなってきます。その瞬間を見逃さず、得た情報をもとに相手の論を崩すのです。

https://nanapi.jp/123831

 

弁護士が口喧嘩で勝つ方法を説明しています。

これは本当に役に立ちそうですね。感情的にべらべらとしゃべるのは良くありません。ぐっとこらえて相手を観察しましょう。

それくらい常に冷静じゃないと行けないという事ですね。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。