2015
07.06

年収1000万円ある人は毎月ランチに2万円は使え!1食1000円のランチはそれだけいいものだ

コラム

マンションより一戸建て。軽自動車よりSUV。洋服を買うならファストファッションよりデパートで……。高年収世帯が冒しがちなムダ遣い、見栄消費を総点検。本当に満足度の高いお金の使い方、教えます。

 平均541円。新生銀行が「2014年サラリーマンお小遣い調査」で発表した、男性会社員の平均昼食代である。

 2年連続で微増はしているが、それでも、ほぼワンコイン! 最高額だった1992年の746円から205円も下がり、調査が開始された79年の565円よりも下がっている。

スクリーンショット 2015 07 06 6 13 20

お小遣いをやりくりするため、ランチ代を圧縮する人は多いようです。でも年収が1000万以上あるなら、月2万円以下に削るのはお勧めしません。それよりもスマホの通信料や、家庭の電気代などを見直しましょう。

https://www.sankeibiz.jp/econome/news/150705/ecc1507051704001-n1.htm

 

こういった記事は何かと書かれていることがいつもトンチンカンですよね。

年収1000万円でも貯金できないし、生活が苦しいと言う人をとりあげていますが、年収が高くても浪費していなければ年収400万円よりも全然、いい暮らしをしているのは事実です。

年収が300万円でも毎年100万円を貯金しようという話もありますが300万円の年収の人と夫婦で1000万円の収入がある人が100万円貯金するのとは大きな差があります。

 

年収300万円で家族がいたら、実家ぐらしで家賃の負担がない限り、無理です。

今回の記事は年収1000万円あるなら平日のランチに月間2万円、1日1000円使っても余裕なはず。飲み代を減らしていいランチを食べようという記事です。

ランチは節約しやすいというのがケチる理由のトップのようです。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。