2015
07.20

岩手県の中学2年男生徒がいじめを苦に自殺で思うこと。何故何十年も改善されないのか

コラム

 岩手県の中学2年男生徒がいじめを苦に自殺したと見られる事件について、学校側の対応に対する尾木ママこと教育評論家・尾木直樹氏の怒りが収まらない。

 今月5日に岩手県のJR線路内で男子生徒が列車にひかれて死亡したこの事件。男子生徒は担当教師にノートでいじめ被害を訴え、自殺を示唆していたが、担当教師が真摯に対応していなかったことから、尾木氏は当初からブログ等で「珍しく本気で怒りふつふつと湧いてきました!!あのような冷たい心通わない学校があるでしょうか!?あんな学校がこの日本に存在することにたえられません…なんと恐るべし危険な学校でしょうか」と学校側を厳しく批判していた。

スクリーンショット 2015 07 15 6 23 46

 14日に更新したブログでは、同校校長がテレビ出演の際に顔を隠したままでいることへの違和感を唱え、「校長は公人ですよ!なぜ教育長は顔出しで隣に座る校長にはぼかし入るのか!? はっきり言って不快です!!!誠意感じられません」と激怒。

 また、同中学校で死亡した2年男子生徒のほかに2年女子生徒がいじめ被害で不登校となっていたと報じられたことを受け、「いじめの概念にはまらなかったので報告しなかったというのです!! 今年の校長も5月もいじめ0で報告しているのです!! 今は発生件数じゃなく被害者の認知件数のカウントなのに全く勘違いはだはだしい!! 学校の資格ないですよ!! なんと危険な学校!!」と怒りをあらわにした。

https://www.rbbtoday.com/article/2015/07/14/133348.html

 

地方の小中学校を調べるといじめ問題が未だに悪い状態にありますね。

自分の実家がある田舎の方でも同級生や近所の人が先生になっていますが過去に◯◯をやらかしたとか、とんでもない人が縁故採用で教員やってます。

親が教育委員会で働いていたからと子供3人全員を教員にしました。

 

そういう人ばかりが先生になっている田舎の現状があります。

教育関係者とかそういうのが未だに改善されません。そりゃいじめ問題も何も改善されませんよ。

学校関係者が民間の上場企業役員よりも悪いんですからね。改善とかこうしたらいいという考えが全然ないのも納得だと思います。自分の身近の縁故採用の状況を見ると・・・。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。