小学校1年生の2学期の自宅勉強内容

コラム

本も参考書もどんどん電子化しています。本は場所をとるので電子化するとかなりのスペースが確保できます。

子どもの絵本と図鑑はさすがに電子化することは難しいのでそのままにしていますがある程度の年齢になり、絵本という歳ではなくなると売るなどしたいと思います。

児童書などはすべて図書館で借りようと思います。そうしないと場所をかなり消費するのです。

 

中学受験の問題集や市販参考書などを購入し、7万円ほど掛かりました。それでもメルカリなどで3割引くらいのものを選んでは購入していったので普通に書店で購入していたらもっと高かったんだと思います。

問題集をコピーして使用している人が結構いますがこれコンビニコピーしに行くとなると毎週毎週、かなりの冊数を鞄に入れてコピー機を15分、20分延々とやらないといけなくなります。

裁断してスキャンすることでpdfをキンコーズに持ち込み連続印刷するようにするとかなり楽になります。持って帰ってくるのはコピーしたものだけで済みますし、連続印刷で手間もありません。非常に快適です。

しかし、7万円とは・・・。意外にも勉強するには冊数も多くなり、出費もありましたね。そうはいっても塾へ通ったり、通信教材をするよりも安いですが・・・。

 

いよいよ週末はやっとこれらの作業が終わり、完全休日です。

ゲームをしたり、紅葉を公園で楽しんだり、カフェでまったりと休憩をしたいものです。風邪も治りつつあるのでやっとお休み気分です。

 

我が家の勉強ですが小学校1年生で2年生の漢字とかけ算、筆算、単位つまり2年生の算数も勉強させています。

毎日、こんな感じです。

 

朝起きてテレビはEテレのみえるぞ日本で地理

1年生の問題 国語 漢字1年、語彙、読解を8ページ

論理2ページ

2年生の漢字2ページ

1年生の問題 算数 四則演算(計算)、文章題を8ページ

作文(なぞり)1ページ

点線図描写1ページ

規則性パズル1ページ

風呂でかけ算九九読み

休日は、筆算、単位問題

くもんの日本地図パズル

といった感じです。

 

また来月からトップクラス問題集をやる予定ですがいまは市販のZ会問題集、国語2冊、算数2冊を1ヶ月で終らせるペースでやっています。

トップクラス問題集よりも難しくないので苦もなく毎日やってます。勉強時間は宿題以外で1時間です。

 

計算は文章題をとにかくやらせていますし、国語も毎日読解をやらせて、音読もしています。そして国語の論理をやっていますし漢字もやっています。

簡単な計算問題をひたすら大量に速度をもとめて勉強をさせることはしていません。じっくり文章題や図形、論理を勉強させています。

 

理由は、読解力を上げないと将来的にZ会など通信教材を自分で見て理解して勉強する体制にならないからです。それに理科や社会も資料を見る問題が増えてくるので読解力が必要になります。

算数は4年生以降の文章題や図形を意識しています。計算は3年間やるので異常に速度を求めての計算をするのではないならば速度は計算名人などをあとあと覚えさせた方が早いです。つまり、かけ算を9の段まで覚えて速度を頑張るより計算名人のテクニックを覚えた方が早いです。正確に計算を出来ていれば十分です。

 

小学校1年生なのであまり求めても勉強疲れしてしまうのでこれくらいが丁度いいです。塾や習い事に行くわけではないので通塾の移動時間がありません。これくらい勉強しても毎日沢山のゲームをする時間があります。ゲームを大量にやったりアニメを自由に見ているので勉強を苦痛に感じている様子はありません。

 

勉強をやっていればゲームもアニメもお菓子も自由です。なので拘束されているという感じを受けないため、普通に勉強出来ます。睡眠時間は十分確保し、9時過ぎには寝かしています。朝起きるとすぐにゲームをします。勉強はしません。ゲームを15分くらいやってEトレの見えるぞ日本を見てご飯を食べてから学校へ行きます。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。