家族旅行ってそんなに行きたいもの?日常逃避も特にしたくなく、平日と休日の差があまりないので特に気にならず

コラム

 「今、なんと言った(怒)!旅行に行けない子どもたちもたくさんいるんだ!」…筆者は幼少の頃、父親から強烈な平手打ちを食らいました。ここフランスで夏を迎えるたびに思い起こします(詳細は後述)。この時期、多くの人々が、日常を逃れようと、海、山、田舎、国外へ出かける一方で、国民の4割がバカンスに出ない…こうした皆が長く休むが故の社会問題「バカンス格差」に思いを巡らさざるをえないからです。(Nagata Global Partners代表パートナー、パリ第9大学非常勤講師 永田公彦)
● 確かに欧州の中でも最もバカンス好きが多い
 バカンス大国のイメージがあるフランスです。しかし果たして、他の欧州諸国と比べ、この国には、バカンス好きが多いのでしょうか。
 前回のコラムでもお伝えしましたが、バカンスは、4泊以上の期間を自宅以外の場所で過ごすことです。従って、バカンス人口が増えるには、雇用者の大多数を占めるサラリーマンの年休が何日あり、どれだけ使えるかが大きく影響します。
 この点を、エクスペディア社が毎年実施する「有給休暇の国際比較調査2016年度版」で見ると、確かにフランスが有給日数(法定)30日かつ取得率100%と、フィンランド、スペインと並んで調査対象28ヵ国中トップです(参考までに日本は、日数で韓国に次いで少なく、取得率は韓国より低く最下位)。
 次に、バカンスに出る人の割合と期間です。ヨーロッパアシスタンス社による、この夏のバカンスの予定を尋ねた欧州8ヵ国調査によると、「バカンスに出る予定がある」と答えた人の割合は、フランスが65%と欧州5大国(英、独、西、伊、仏)の中では英国と並びトップです。また期間もフランスが2.35週と、調査対象8ヵ国中で単独トップ(下記図1)、内、4週間以上との回答比率(2016~17年度2ヵ年平均)も、フランスが15%と、最も高くなっています。
 こうしたことから、確かに、フランスは、欧州の中でも特にバカンス好きであると言えるでしょう。
 ◆図表1.夏のバカンス平均日数(2016~17年度2ヵ年平均、単位:週)

● 再び拡大するバカンス格差
 フランスにおけるバカンス出発率(過去12ヵ月に4泊以上の期間を自宅以外の場所で過ごした人の割合)は、50年代に15%だったものが、70年に50%を超え、この30年ほどは60%前後で推移しています(出所:INSEE及びCRÉDOC統計データ)。
 これを収入別に見ると、格差の存在は明らかです(図2、フランスの調査会社CREDOCが、1998年から毎年2000人に対し実施するバカンスに関する面談調査結果)。
 月の収入レベルにより、高所得者層(3000~超)、上位中間層(1901~3000)、下位中間層(1201~1900)、低所得者層(1200~以下)に分け、出発率の推移を示しています。高所得者層(黄色線)と低所得者層(青線)を比較すると格差拡大の兆候が見て取れます。
 98年に39%だったものが、世界的金融危機の発端となった08年9月のリーマンショックの直前には52%まで拡大、その後一旦は縮んだものの、14年には再び拡大しています。高所得者層は、2014年には98年のレベルを3%超えたものの(83~86)、下位中間層(55~50)と低所得者層(44~40)は、いまだに追いついていません。
 ◆図表2.月間収入別 バカンス出発率の推移(%、単位:ユーロ)

● バカンスの取り方にも格差
 図表3は、年間の世帯当たり収入レベル(四分位階級別)と、バカンスの出発率、期間、支出、家計負担の相関関係を示しています(2011年データ)。収入1万3555ユーロ未満と2万6660ユーロ以上の人たちの数値を比較しましょう。まず、前述の図表2でも示しましたが、出発率に大きな開きがあります(36%と78%)。これに加え、バカンスの取り方にも明らかな格差が見られます。特に注目すべき点は、2つです。
 1点目は、前者と後者では、バカンスに出ている期間は1.7週と2.3週とさほど大きな違いがない一方で、バカンスに使う金額に大きな開きがあることです。総支出面で、2.5倍(1080~と2690~)、1人1回当たり支出で1.8倍(460~と830~)もの大差です。従って、バカンスの取り方(行先、交通・宿泊・食事の形態、過ごし方)に違いがあるはずです。
 2点目は、収入1万3555ユーロ未満の人たちは、2万6660ユーロ以上の人たちに比べ、バカンスに出る期間も短く、その支出もかなり低いにもかかわらず、バカンスに出ること自体が、家計収入に占める比率が、2倍近く重たくなっていることです(8.09%、4.17%)。
 ◆図表3.年間収入とバカンスとの相関関係

● 「2割が他人の車で移動、7割の宿泊料はただ」と 節約型バカンスが浸透しているが…
 他の欧州諸国の人々に比べ、フランス人のバカンスの取り方には、2つの大きな特徴がありあります。1つは、行き先に国内を選ぶ人が多いことです。国民の総バカンス滞在日数の7割が国内です(出所:フランス経済財務省)。前述のヨーロッパアシスタンス社調査でも、この夏のバカンス先を国内と答えた人の割合は、フランス63%、イタリア56%、スペイン52%、イギリス31%、ドイツ30%、オーストリア28%、スイス20%、ベルギー20%と、フランスが最も高くなっています。
 2つ目の特徴は、節約旅行です。2割の人が、車の相乗りサービス(ブラブラカー等)またはカーシェアリングを使い移動、国民の総バカンス滞在日数の6割が、知人又は家族宅、つまり無料宿泊です(出所:ADEME、2013年)。また、ヨーロッパアシスタンス社調査でも、好む宿泊形態として、8ヵ国平均ではホテル43%、レンタルハウス・マンション35%、知人又は家族宅23%がベスト3となり、これに、民宿14%、キャンプ10%、船5%、キャンピングカー4%と続きます。しかし、フランスだけは、レンタルハウス・マンション42%、知人又は家族宅37%が、上位となり、ホテルは、他7ヵ国平均の53%よりかなり低い30%で3位となります(図表4)。
 ◆図表4.好む宿泊形態ベスト3

● 皆が長く休むが故の社会のひずみ
 このように、節約型のバカンスが広く浸透するフランスですが、1年間に1度もバカンスに出ない国民が4割にのぼります。その中には、「出たくても出られない人」と「出たくないから出ない人」が混在しているわけですが、いずれにせよ図表5に示すとおり、出ない理由として圧倒的に多いのが、金銭的理由です(46%)。
 毎年夏になると、多くのメディアが、バカンスに行けない子どもたち自身や、その事態に対する行政や民間団体による取り組みについて報道します。皆が長い休みをとるが故の社会問題と言えるでしょう。
 ◆図表5.バカンスに出かけない理由
 さて、冒頭でお伝えした、筆者が父親から受けた平手打ちですが、実は夏休みの1泊2日の家族旅行から帰ってきた直後でした。友達がバカンスに出て遊び相手がいない腹いせだったのでしょう。父親の前で、「多くの友達が、長い旅行に出ている。どうして我が家族はそうじゃないのか」という主旨の不満を口にしたことで父親の怒りを買ったと記憶しています。
 今考えると、当時の日本は休みも少なく、バカンスどころか1泊旅行に行ける家庭も少なかったはずで、むしろ感謝すべきでした。こうした苦い経験から、このフランスで、バカンスに出る6割の人々を前に、バカンスに行きたくても行けない子どもたちの心境を察する度に、この皆が長く休むが故の社会問題たる「バカンス格差」に思いを巡らさざるをえません。

https://m.finance.yahoo.co.jp/news/detail/20170817-00138130-diamond-column

 

国内旅行など自分の場合、青春18切符や安いLCCのセールで日本各地に旅行へ行きました。なので特に旅行へ行きたいとも思わず、田舎の実家へ定期的に帰省しています。移動費も電車代で住み、宿泊費は掛かりません。旅行へ行っても世界遺産を見たり、寺院や神社を見て観光地のお土産と食べ物を食べるくらいです。なのにあっちこっちと遠くへ出かけて行くのはお金がもったいないと思うようになりました。

外食も特にせず、住宅ローンもなく、自家用車も保有していませんが定期的にお金がいっぱい出て行きます。よくよく見てみると子ども二人の学費に使っている金額が非常に大きかったのです。1人だけでも幼稚園代は35000円掛かります。2人いると7万円が学費だけで消えるのです。

いまは長男は小学校へ行くようになったので大きくコストダウンしていますが習い事に塾と出費を重ねていくと平均的に2人が小学校、中学校へ行っても毎月3万円は出費します。小学校も中学受験の勉強が激しく、塾代や市販の

参考書に問題集とお金が掛かります。教育費と比較すると衣類など安価な物です。毎月、毎月定期的に徴収される教育費の負担が大きいです。塾に行かなくてもZ会やスタディサプリを使用したところで子ども2人だと結構な出費です。そういったお金を稼ぐためにパートへ行って稼いでいる人も多くいます。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。