2016
10.30

孤独死に怯えてネットを徘徊!!孤独や独身は社会の悪か!?不安爆発

コラム

自分のサイトの事ですが当たり障りのないような普通の記事を書いていてもアクセス数は何も増えないわけです。

プロブロガーというイケダハヤトさんがいますがあの人は炎上商法がプロフェッショナルです。

それを見習って、自分は当たり障りない普通の考えなのにこうすれば一定層の人が反感してアクセスするんじゃないか?

しかも投稿すれば自分が書かなくても文字数は増えるのではないか?いろいろな意見が書き込まれれば2ちゃんねるのようにそれを見て反応する人が居るのではないか?

でも、書くモノは違法性がなく、公序良俗に違反しないものにしなければスポンサーが付かない。スポンサーが付かなければ収入にならない。

という考えのもとに出勤準備の朝食を妻が作っている時間に毎日、1記事5分で書いているモノです。だから、そこにコメントを貰っても特に意味もないですし、毎日書いているので本人も書いている内容を忘れています。

1

 

ネットでは毎日、情報収集していると仕事をしながら、こういった作業に大量の時間をとられてしまうのでRSSなどの機能を使って、気になる記事を1日5分くらいかけてばーっと見ます。

それを見て自分の糧になるモノは何もありません。

自分が人生の参考にする情報はネットでは拾わず、新聞や雑誌、書籍など優良なモノをじっくり見ます。

女性が朝化粧をする作業をする時間を収入にしているのです。

 

こういった記事に反応して多数のコメントが付くのは大成功です。過去にこの作業をして3000記事以上を書いていますがコメントが付いて成長する記事は10個もありません。

その10個が全体のアクセス数を爆発的に稼ぎます。

書いている本人は中身なんて気にしていないのでコメントを見ると思います。

深夜にネット見てないで書き込みせず、7時間睡眠を健康的にとった方がいいです。

深夜2時や4時に内容に反感をもって本気でコメントしている人もいます。そんなのにいちいち反応しないで寝てた方がいいです。

私は健康的に長期間生きるならば、良好な食事、長時間睡眠、適度な運動、ストレス減、良好な人間関係、常に猛烈にアクセル全開で働き、常に適度の休みを入れる。

何となくだらーんとした無意味なことはしないという考えです。

ネットの有効活用は、天気予報、路線検索、地図、定期的に買うおむつなどのネットショップの利用などでネットの情報はあまり見ません。RSSで素早く見て時間を使いません。

しかも日々の生活でテレビも見ません。そういう生活をしています。

 

独身がどうのこうのというコメントがありますが私は独身ではありませんがみんな夫婦だろうが1秒も狂わずに同時に死ぬわけでもないです。

昔と違って3世代同居というわけではなく、核家族であるため、死後数日発見がなかったなんて事は誰でも有り得る話であり、独身が独占的に発生することでもないです。

かといって孫や子供が手厚く葬ってくれる時代かと言えばそうでもなく、葬儀屋にお金を払って全部コミコミでやってもらって終わりでしょう。

中間所得層の人生なんてそんなモノが多いです。

金がないならないなりに誰かに頼ったり、生活保護を受けて生きている人はごまんと居ます。

 

引きこもりも問題になっていますが就職氷河期時代に増加し、いまの若い世代では引きこもりは減少し、出産数も増えています。世代で問題がある世代が発生し、時代の流れとともに誰にも助けられず損する人も居るわけです。

そんなの1000年前だろうが人間の生活は似たようなモノです。

 

ネットに熱くなるのは自分の人生に不満があり、それに対して回答をネットに求めている人が多いからです。ネットにはそんな力はありません。

もっと別のことを頑張った方がいいですし、人生は恐ろしく時間が短いです。健康寿命で見たらあっという間です。限られた時間をもっと大切に使うべきです。

 

とここまでタイピングをして10分。毎日こんなモノです。最後にそれっぽいタイトルを付けて今日の作業は終わりです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。