子供の結婚相手が多額の奨学金返済を抱えている時限爆弾結婚が将来的に増加するはず

コラム

 日本生命保険は2日、毎月支払うタイプの個人年金保険や終身保険など貯蓄性商品の保険料を、4月から引き上げると発表した。日本銀行のマイナス金利政策の影響で市場金利が下がり、運用利回りが低下するため、保険料を値上げする。新しく契約する保険が対象で、すでに契約している保険への影響はない。
 月払いの貯蓄性商品の値上げは3年ぶり。例えば、個人年金保険を30歳で契約して60歳まで支払う場合、男女とも3・6%上がる。終身保険を40歳で契約した場合、男性は22・1%、女性は27・3%上がる。
 生保各社が契約者に約束する利回りは、金融庁が定める「標準利率」を元に各社が決める。日銀がマイナス金利政策を始めてから長期金利が低下したため、標準利率は現在の1・00%から4月に0・25%に引き下げられる。日生もこれに合わせ、学資保険や個人年金保険は1・35%から0・85%に、終身保険は1・15%から0・40%に引き下げる。他の生保各社も同様に貯蓄性保険の値上げを検討している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170202-00000037-asahi-bus_all

 

日本の金利は様々なものが付かなくなりましたね。

その割に物価や消費税が上昇しています。手取りが減るのが激しいです。

 

我が家では日銀がこれだけマイナス金利を活発に発動する前に学資保険に1300万円くらいを一括で振り込んでいます。

無税で250万円くらい手に入ります。

 

いまこれと同じ事をやろうとすると金利が低すぎて出来ません。

そもそもこの学資保険への投資も株式投資など長期的にはパフォーマンスが望めない商品ばかりになっていることが理由です。

債券などへの投資もまったく期待できません。

 

子供2人を育てて大学まで卒業させると結構な金額が掛かります。

すべて親の私が用意し一括で支払うつもりでいますが奨学金を借りて40歳以上でも返済しているという人を見ます。

返済がジワジワと人生の苦労となったりします。

 

いま10歳以下の子供を持っている親は子供が結婚すると奨学金の借金をもった嫁さんをもらう確率は70%以上あると思います。

大学進学率が80%以上あり、女性も大学へ行く人が増えました。その8割が奨学金ローンを借りています。

5流大学なども多数存在し、ローンがありつつ返済するほどの収入がないパターンも多いです。無論、貯金は出来ません。

 

そういう人と結婚すると生涯苦労するでしょう。

結婚も出産もますます難しい時代になり、いま現役の私たち世代よりも子供の世代はもっと厳しいものになりそうです。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。