2014
09.29

大人気連載漫画のクレイモアが突然の連載終了。最終話までの話が強引過ぎる

コラム

漫画クレイモアの連載が終了のようです。

これコミックだけで見ていたんですけどね。1年に1冊くらいのペースで発売されています。あのストーリーの流れで完結となると、打ち切りっぽい終わり方なんでしょうね。

大人気長期連載コミックのイニシャルDも最終話は全然、いままでのストリートは関係なく、突然終わった感があります。

スクリーンショット 2014 09 29 6 48 11

最近、長期連載の漫画が突然、いままでの話とは関係なく連載終了っていうのが増えてきましたね。

もう最期までの話云々ではなく人気があるからとダラダラ連載していたことが理由でしょうか。

 

クレイモア、いつも見ていたんのであの状態で連載終了というのは、ずっと見続けていた私としては納得がいきませんね。

単行本を途中で買わなくなって話が止まっているに近い終わり方です。残念。

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • ばくばく
    • 2020年 7月 30日

    この人はいったいどんな読み方をしているんだろうか。
    そもそも、クレイモアは月刊誌(廃刊した為移籍はあったが)で丸13年の連載でコミックスが全27巻なんだから『年に一冊』とかじゃない。

    終わりにしても後半の4・5巻を使って「これでもか」の最終決戦。色んな伏線や設定も完璧に回収しての見事なフィナーレ。
    こんなの打ち切りで出来る訳がない。

    多分、本人も書いてるようにコミックス読み派で最終巻はまだ未読の状態で連載終了のニュースだけ聞いたんじゃないかな。“それ”自体は良くも悪くもないが、もしそうならそんな単なる“思い込み”で感想文を書いたり、ましてネットに書き込む資格はないでしょ。

    読んで尚それ?ならもっと論外な読み手だし、このブログの意義さえ疑わざるをえない。
    とにかく「打ち切り」なんて的外れな見解はある種「風評被害」に成りかねないのでキチンと訂正することをお勧めします。

      • 日本株研究
      • 2020年 7月 30日

      それがどうした?