2015
12.31

古い旅館やビジネスホテルで見かける無リン洗剤のゲンプを調べてみた

コラム

今でも地方のやすい旅館やビジネスホテルなどに泊まると販売されているコインランドリー用の洗剤ですが500個入りで13500円で販売されているものなんですね。

これを仕入れ値で見ると50円ですから、販売は100円なので50円の利益となります。コインランドリーを頻繁に使うお客は少ないのでそんなに儲かる商売ではありませんが今も使われています。

スクリーンショット 2015 11 13 21 20 32

無リン洗剤のゲンブですがパッケージはかなり昔の昭和を感じます。

40年代、50年代の高度経済成長期の雰囲気を醸し出すパッケージです。古い旅館やビジネスホテルに行くと未だに見かけます。

100円ショップでも部屋干し洗剤の有名なブランドも5個入り100円で販売されていますから、1個100円で売る場合、100円ショップで仕入れたほうが利益率は良くなってしまいます。

 

ドミトリータイプだとそういう売り方をしていますが1個50円くらいが相場ですね。

この様に洗濯機を自由に使えて洗剤だけ請求されるパターンはよくあります。旅行にいく時も2泊程度の旅行なら洗濯はしませんがそれ以上になると着替えをたくさん持って行くよりも現地で洗濯する方が荷物も過剰にならずに効率がいいです。

 

今年は旅行が多かったので来年は旅行は控えようかなと考えております。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。