2015
04.17

卵かけごはんの白身はハゲの原因になる物質がいっぱいであることが判明

コラム

全国の薄毛に悩む男性の皆さま。そして、卵かけご飯ファンの皆さま。ご注意! なんと、卵かけごはんがハゲの原因の可能性が出てきた。

FCFNI yakizakana500

■卵かけご飯がハゲの原因だと!

生卵をホカホカのご飯にかけて、醤油を一滴。混ぜ混ぜして食べる、日本のソウルフード、卵かけご飯。その人気は知っての通りで、今は卵かけご飯専用の醤油まで登場する定番メニューだ。しかし、そんなTKGの思わぬ作用があったのだから、驚かずにはいられない。実は生卵には白髪や抜け毛の原因になる物質が含まれているという。

 

■犯人は生の白身

原因は生卵の卵白。県立広島大学名誉教授・加藤秀雄氏によると、卵の黄身にはビオチンが含まれており、これは髪の元となるタンパク質を合成するアミノ酸の代謝を促進、育毛に効果的と結論づけている。ということは、問題なのは白身か。生卵の白身には、アビシンと呼ばれるタンパク質の一種が含まれており、これはビオチンと結合する性質を持つ。つまり、一緒に食べるとせっかくの育毛に効果的なビオチンがアビシンによって吸収されなくなる。ほかの食べ物から得られたビオチンも根こそぎ排泄するのだから、恐るべし・・・白身。

 

https://mogumogunews.com/2015/04/topic_10974/

 

卵かけごはんって日本人特有で世界では珍しいことです。寄生虫などが危険で世界では卵は加熱して食べるのがあたりまえだからです。

34歳位から、私は急に寿司が食べられなくなりました。

生の魚や魚介類、いくらやうになどの風味や臭いがとにかく嫌になりました。1貫食べるのもイヤイヤ食べる感じでとにかくマズイ。

安いスーパーの寿司だからとか、回転寿司だからというわけではなく、高級店でも鮨なら中トロや大トロは生の油の風味が気持ち悪いくらいマズイ。どっちかというと赤身のマグロのほうがまだマシで、それがマグロ丼とかになると地獄。

 

とにかく加熱して欲しい感じです。

これって外国人が寿司や生魚が食べられないと言うのと同じなんじゃないかと思います。高くて高級と言いますがとにかくおえって吐きそうなくらい生の風味が嫌になりました。

昔は逆に好きで普通に食べていたんですけどね。健康を悪くして食生活をずっと変えていたらいつの間にかそうなっていました。

 

どちらかと言えば生で食べるなら、ワカメとか、たこなら比較的まだマシという感じです。

なので最近は子供は寿司が好きですが私は寿司が大嫌いです。店にも行きません。

 

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。