2015
11.06

加藤茶 昔は年間14億円も稼いでいたと衝撃のカミングアウト

コラム

加藤茶が、11月5日放送の『ダウンタウンDX』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜22:00~)に出演。ドリフターズ時代の出演時のギャラや年収、豪快な遊び方について語る。
42年前に、最高視聴率50.5%を記録し、社会現象にまでなったバラエティ番組『8時だョ!全員集合』(TBS)に出演していた加藤。ドリフターズとしての営業もあり、「忙しい時は年間70、80本」と明かす。続けて、ギャラは「1本1800万円」で、年間14億円も稼いでいたと衝撃のカミングアウト。加藤は「大体1人で行って、次の店に行く時、知らない人がついてくるのよ」と、店で知り会った人を何十人も引き連れて奢っていたという、月に2千万円も使った銀座での豪快な遊びを紹介する。

スクリーンショット 2015 11 06 6 52 42

 

https://news.livedoor.com/article/detail/10792023/

 

サラリーマンには想像もできない金額を毎年稼いでいたんですね。

ドリフターズ全盛期の時は本当にすごかったですからね。今では考えられないほどテレビの力が凄まじくあった時代ですよね。

今の時代だとインターネットにそういう可能性がありますね。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。