2015
02.23

仏像をCTスキャンしてみたところ、即身仏を銅像に入れていたことが判明!

コラム

 オランダ、ドレンテ博物館が所有する仏像をCTスキャンにかけたところ、中には1100年前に死亡したとされる僧侶のミイラがはいっていることが最近になって発見されたそうだ。

 このミイラは、Liuquanと呼ばれる位の高い僧侶のものとされており、瞑想を続けて絶命し、そのままミイラになった即身仏を銅像に入れたのではないかと考えられている。

スクリーンショット 2015 02 23 6 14 27

https://karapaia.livedoor.biz/archives/52185454.html

 

今の時代では考えられない事ですけど、瞑想して即身仏になるって凄いことですよね。自分は無理です。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。