2015
01.26

今年の年末はSSD相場が大幅に値崩れすると予想されているぞ!

コラム

パソコンを高速化するためにはHDDをSSDに換装する事が効果的です。

勿論、外付けHDDも外付けSSDにした方が高速です。でも、高いんですよねぇ。大容量でもないですし。

それが2015年末、つまり今年ですよね。設備投資が増強されているため大幅にコストダウンし、値崩れが出てくると言われています。

メモリモジュールなどを手がける台湾メーカー「Apacer Technology」のゼネラルマネージャー、CK Chang氏が明かしたところによると、2015年後半に256GBのSSDが70ドルを割り込むそうです。
128GBモデルについても40ドルというお手ごろ価格に差し掛かる見通しとのことで、大幅な値下がりによって需要が喚起されるとしています。
なお、このような安価なSSDが実現する背景として、Chang氏はSSDに搭載しているフラッシュメモリを製造するメーカーが14~16nmプロセスでの製造にシフトすることで、生産コストが引き下げられることを指摘。

https://news.livedoor.com/article/detail/9711361/

スクリーンショット 2015 01 26 7 10 30

動画保存用に外付けHDDの3TBを2個買いました。1個はバックアップ用ですが・・・。

むき出しのHDDを買っても11000円くらいなのでケース付きでほとんど同じ値段です。買って分解してもまだ安い。

 

円安で輸入品の価格が上昇して厳しい状態でしたが最近、ハードディスク相場が値崩れしていますね。大容量ハードディスクを昔のビデオテープのように数個買って保存用にしたりしています。

2年または1年に1回、2個だけ買うという計算だと3TBのHDDってめちゃくちゃお得な買い物です。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。