2015
03.29

中年こそ身だしなみを気をつけよう。年間10万円は被服費に

コラム

最近は麻布十番に六本木、日本橋と休日はふらふらと出歩いております。

そういうところへ行っていると、自分の髪型やファッションって何か変じゃないか?違和感を感じるというようになってきます。そろそろ中年になってきて、綺麗なおっさんと汚いおっさんの分かれ目になってきています。

別に特別お金をかけなくてもここにいるような人みたいな格好や髪型にはなれるぞって思ったわけです。

PHM16 0622

中年は身だしなみに気をつけよう

今度は、美容院へ行こうと思います。

ここ1年間、ずっと1000円カットのQBハウスに行っていたのですがざっくりハサミを入れてバリカンカットの10分ではデザインはひどく、中年でこれではひどい有様だと思うようになりました。幸い池袋、新宿は美容院の激戦区なので地方の床屋へ行くくらいでカット・シャンプー、ブローが出来ます。レディースよりもメンズの方が高いのですがそれでも相場は2500円〜3000円です。

パーマはかけないのでカットだけでメンズファッションになるような髪型にするよう指示して切ってもらおうと思います。

 

中年になって髪の毛が普通にあり、ヘアースタイルを選べることと、白髪染めもいらないことはある意味幸せなことだと思いました。ならば、髪型を楽しまなければならない。オシャレを楽しもうと思ったわけです。

老後の生活を書いた80代の本を読むと、老人こそオシャレが重要だと書かれています。ただでさえ中年や老人は加齢臭で若い人に嫌がられます。おしゃれに気を使わず、汚らしい格好をして節約をしていては誰も寄ってこないと書かれています。

確かにそういった考え方もあるなぁと思うようになりました。若い時はファッションを気にします。異性を意識しているからです。それが結婚をして別に異性を意識しなくなると身だしなみが疎かになります。

スーツにワイシャツは消耗品、買い替えサイクルを頻繁に

スーツにワイシャツも激安ばかりを買って何年も着ているとボロボロになり、見るからにひどい中年になります。

ネクタイなどは高いものを長く使うよりも安いネクタイ。それも数百円のものを5本、3ヶ月使って、綺麗でもすっぱり捨てる。また買うというサイクルをする方が身だしなみが綺麗になります。ネクタイは一番価格が分かりにくいところです。

スーツもアイロンをビシッとかけて数着、着回さないといけません。

こういったものは異性を意識するというよりも中年になってくると会社の上司やそのまた上の上司からのイメージを良くするために着るようなものです。

別に高いスーツを着る必要はないんです。イオンの季節の変わり目の処分セールを数着買うだけで十分です。サラリーマンなので高価なスーツを3年、4年着るよりもある程度の価格のスーツを1年、2年でまだ着れると思っても捨てて買い換えることです。

PHM01 0043

全体的にワイシャツだろうがネクタイもスーツも私服だってファストファッションの考えが必要です。特にスーツは作業着です。いいものを買って高価だからとなかなか買い換えられないようでは全然、ダメです。数着購入する必要もあります。

ワイシャツもスーツもいいものは長く着られるといいますが自分はそれはないなぁと思います。

 

ウール150sなどの極細で長い繊維を丹念に練り込んだスーツは高級で光沢も素晴らしいです。高価なスーツです。

ただ、糸が細すぎて耐久力がありません。すぐに駄目になる。

 

ワイシャツも百貨店で買うような番手が高い物は極細の綿を使用しています。極細を練り込んでいるため綺麗に光沢があるワイシャツですが毎日5着を着まわしていると、半年くらいでだめになります。やはりこれも糸が細いため耐久力がありません。

 

いいものを長く着るというのは貧乏人の発想だと思います。金持ちはいいものも頻繁に何着も購入しています。それだけ余裕が無いといいものを常に身につける事は難しいのです。

耐久力を求めるならポリエステルの安物の方が全然、持ちますシルクなんかよりも全然管理が簡単ですし、カシミヤ100%コートよりも扱いは簡単です。いいものはブラッシングをしたりメンテナンスも面倒です。

そう言いったものを色々経験し、いまはそこそこの値段を処分品で数着購入し、買い換えるまでのサイクルを短くしほうが綺麗であるということです。

ネクタイは洗うよりも捨てる

自分のネクタイはどうでしょうか?食べた汚れが付着していませんか?

古びた畳のようにボロボロのネクタイをしていませんか?新品の時は高くてもそんなネクタイを付けていて清潔な印象はありえません。500円のポリエステルのネクタイを付けたほうがいいでしょう。もしかしたら汚すぎて100円のダイソーで売っているネクタイに買い替えたほうがまだいいのかもしれません。そういう中年もよく見ます。これは本当に気をつけたほうがいいです。

 

ワイシャツも黄ばんで古く、ひどい人もいます。スーツも数年着ていると接着剤がヘタってきてビシッとした格好にはなりません。へなへなっとヘタったスーツになります。

 

いいものを長く着るよりもそこそこのものを素早いサイクルで着回すということです。まだ着れるって思うくらいで捨てるのです。スーツは毎日、着るならら冬物は夏に着ないとして、1年、2年で捨てましょう。夏物は数着あるなら2年は行けます。

営業で外回りが激しい人はすべて1年で捨てましょう。

 

そして美容院へ行き、髪型もオシャレにビシッと決めましょう。QBハウスの1000円カットは論外です。

髪型、服装など総合的にまとめることできれいなファッションが出来ます。別に超高級品を買う必要はないのです。激安処分セールでデザインは悪く、トンデモなく安いものを買おうとしないでそこそこのものを買うのです。

おっさんなら別にファストファッションで十分な気もします。H&Mでワンシーズン1万円も出せば、休日の私服くらいしか着ないので十分かと思います。

PHM01 0038

スーツはイオンで十分です。ネクタイも4本3000円とかで十分です。ワイシャツはそこそこいいものを買いましょう。1着4000円くらいのものです。激安は最初からヘタっているように激安感が強いです。

 

年間10万円は被服費に

おっさんになってファッションに気をつけないのは普通です。だから普通にしないでお金もそこそこ、そう年間で10万円くらいをスーツやワイシャツ、ネクタイに私服に下着と使おうとしておけばいいのです。そうすればかなり違ってきます。

 

スーツはおっさん体系にならないようにジムへ行き、スリムな身体を維持しましょう。健康診断でもいい結果が出ます。海外のお金持ちはみんなジムへ行き健康を意識しています。おっさんもジムへ行きましょう。トレーニングをしてスリムなスーツをビシッと着ましょう。いまは細身のスーツが流行りです。これが着れると高いダブダブのおっさんスーツよりも綺麗に見えます。

スリムな女性のストッキングの足が綺麗に見えるのと同じで細身のスーツを綺麗な体系で着るとそれだけで全然違います。

 

年間でスーツ、ワイシャツ、ネクタイ、靴で8万円使いましょう!!

私服は土日しか着ないので3万円で十分。意外に数年着ることは出来ますが勿体無くても捨てましょう。

美容院へ行き、毎月カットしなくても年間3万円は使いましょう。これは女性から見たら激安です。

ジムへ行きトレーニングしましょう。自家用車を持っているならば市のトレーニング教室を利用しましょう。激安です。別にインストラクターは必要ありません。必要なことは継続する意志です。

 

年収400万円、500万円だろうが年間で15万円くらいを意識すれば常に綺麗なおっさんになるわけです。収入の3〜5%です。

その分、スマホを辞めましょう。ガラケーで十分。

スマホにお金を使うならおっさんは身だしなみに使いましょう。どっちに使っても年間の出費は同じです。

 

生地がとか、本物は違う。見る人が見ればといいますが何処の誰が見知らぬおっさんの見る人が見ればというところを見るんでしょうか?満員電車に乗り、目の前のおっさんのスーツはアルマーニだな。ふむふむとか見てる人なんていません。汚いおっさんだなぁ。ポケット破けてらぁ・・・。ベルトもボロボロじぇねーか。汗とタバコと加齢臭でくっせぇなぁ〜。スーツもへたへたで貧乏人かよ!!

 

そういうところを見ているわけです。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。