2015
12.04

中国でお金を地中に埋めたら、掘り起こすととんでもないことになっていた

コラム

四川省徳陽市郊外の中江県に住む呉さんは67歳。最近になり、まとまった金を必要になった。そこで思い出したのが、寝室の床下に穴を掘って埋めておいた金だ。3万5000元(約66万7000円)以上はあったはず。そこで、掘り出すことにした。取り出した「札束」を見た呉さんの顔が引きつった。一面にカビが生えてきた。全体が腐ってぼろぼろだった。「銭のカス」としか言いようのない塊になっていた。成都商報が伝えた。
MAR86 kaseihuhamita20130803500
 呉さんの家は1980年代に泥棒に入られたことがあった。呉さん一家は考えた上で、寝室の床下に穴を掘って、紙幣を埋めることにした。「これなら、火事になっても燃え残るだろう」と、安心していた。

https://news.nicovideo.jp/watch/nw1919505?news_ref=w_latest

 

中国は色々な時代がありましたからね。お金が紙くずになるかも分かりませんから、本当はお金じゃなく、金塊とか埋めておくのがいいんでしょうね。金塊じゃなくても金貨とかなら、日本人だって13万円から持てますからね。

 

紙幣をそのまま埋めると、地中って水分とか色々あるので1年もせずにぐちゃぐちゃでカビも生え、土に帰ろうとします。

よくタイムカプセルとかテレビのアニメでやることがありますがあんな埋め方じゃ嘘過ぎるって思うんですよね。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。