2015
11.12

中二病再び!ハリウッド版攻殻機動隊のバド役が決定

コラム

2017年3月31日の米国公開を予定しているハリウッド実写版の『攻殻機動隊』である『Ghost in the Shell』の情報が次第に明らかにされてきた。2015年11月10日、米国のエンタテイメント業界情報のバラエティは、情報筋の話として『Ghost in the Shell』のバトー役をピルウ・アスベックが演じることになったと伝えている。

スクリーンショット 2015 11 12 23 14 21
ピルウ・アスベックは1982年生まれ。デンマーク出身で、『LUCY/ルーシー』『シージャック』、そしてテレビドラマ『コペンハーゲン/首相の決断』などで活躍している。すで主人公の草薙素子にあたる役をスカーレット・ヨハンソンが演じるとされており、ふたりが実写版『Ghost in the Shell』を引っ張っていくことになりそうだ。

https://animeanime.jp/article/2015/11/11/25638.html

 

まだ先の話なので随分と時間がかかりますが日本のアニメで有名な攻殻機動隊がハリウッド映画になるんですね。しかも笑い男事件とは・・・。

これ学生の時にめちゃくちゃ好きで何度か見ましたね。

 

最近、攻殻機動隊のアニメが新作で放送されていましたが草薙素子は前のキャラのほうが良かったですね。笑い男事件のスタイルが良かったです。

映画楽しみデスね。

 

実写じゃなくてもいい作品があれば是非見たいものです。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。