2015
10.15

三井不動産が販売した横浜市のマンションが傾いており住民激怒!!姉歯事件再び

コラム

 三井不動産などが販売した横浜市内の大型マンションで、建設時に必要な地盤調査の一部をせずに別のデータを転用するなどして基礎工事を行った可能性があることが14日、分かった。マンションが傾く事態となっており、国土交通省は販売元の三井不動産レジデンシャルと施工主の三井住友建設に原因究明を指示した。建築基準法違反の疑いがあるとみて、横浜市とともに調査を始める。

スクリーンショット 2015 10 15 6 15 21

 国交省によると、問題のマンションは平成18年に販売を開始した横浜市都筑区内の4棟で最高12階建て。大型商業施設に隣接し、計700戸以上を擁する。4棟のうちの1棟が傾いていることに気づいた住民側の指摘を受け、三井不動産レジデンシャルと三井住友建設が調査を開始した。約50本のくいのうち計8本のくいが強固な地盤まで届いていないことなどが判明した。建物の傾きとの関連性を調べている。

https://www.sankei.com/affairs/news/151014/afr1510140006-n1.html

 

姉歯物件を思い出しますね。全額保証されるかは難しい点だと思いますが・・・。

一生の住宅ローンを組んでこんなに傾いていたら、そりゃ住民も怒るでしょう。横浜市でもこの物件は危険なため、退去するようにとか言い出したら、もう泥沼ですね。

 

今後が気になります。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。