2015
10.19

リア充オタクって言うのが現代のスタンダードらしい

コラム

最近はリア充オタクというのが普通らしいです。

スクリーンショット 2015 10 19 6 29 29

秋葉原ってオタクの街という感じでしたが全然いまでは違う街になってしまいましたよね。

電気街でもなく、オタクの街でもなく。殺傷事件で歩行者天国がなくなったことも大きいです。秋葉原駅もつくばエクスプレスの乗換駅ですし、毎月、つくばエクスプレスを使用するので秋葉原駅を使うのですが使うからといって秋葉原に降りようと思わなくなってしまいました。

 

秋葉原に売っているものもネットで普通に売っていますし、それ系の本だって新宿に複数店舗を出店していますからね。

新宿もオタクの商品が普通に売っているわけです。

 

街の特色がどんどんなくなりつつありますね。ネットの普及で・・・。

それに洗練されている。食べログで高評価の店に並んでまで食べるとやっぱりハズレが少ない。いままでは何となくふらりと入って失敗したなぁ〜ってお店にもお金を落としていた。

何か買う時もAmazonのレビュー数を気にしたり、家電も価格ドットコムの売れ筋を見たりします。非常に消費者が簡単に価格と性能のバランスが取れた商品を選べるようになっています。

 

何でこんなの買っちゃったんだろう。買ったけど、そのまま未使用で保管って言うような事が本当に減りましたよね。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。