2016
05.05

ユニクロは高かろう悪かろうのイメージで買うという意識すら向かなくなったマクドナルドと同じ状態になるかも

コラム

 販売現場では、消費の価値志向が一段と強まりをみせている。単なる低価格商品に傾斜する節約志向ではなく、商品の質と価格を厳しく見極める価値志向を一段と強めている格好だ。

 国内のカジュアル衣料分野で覇を競う、「ユニクロ」を展開するファーストリテイリングとしまむら。2016年4月に発表した両社の決算は、対照的な結果となった。しまむら(16年2月期)は3期ぶりに営業増益となったがファストリ(15年9月―16年2月期)は大幅な減益となり、明暗を分けた。

スクリーンショット 2016 05 05 11 33 43 なぜ業績に差がついたのか。ある大手小売業の幹部は「ユニクロは何回かの値上げで、消費者が感じる商品の価値が低下したのではないか」と話す。

ユニクロ、値上げで圧倒的な価値薄らぐ

 ユニクロは海外生産比率が高いため為替の円安進行を背景に14年、15年と2年連続して計約15%の値上げを実施した。しかし、この結果、「『この質でこの価格ならば』という圧倒的な価値が薄らいだのではないか」(大手小売業幹部)というのだ。

 ユニクロは16年8月期第2四半期は前年同期比で客数減に見舞われており、値上げ価格が浸透するに連れ、客離れが起きたとも観測されている。このためユニクロでは現在、一部売れ筋商品などの値下げを実施、急ピッチに“価値の修復”に乗り出している。

スクリーンショット 2016 05 05 11 34 45 苦戦のユニクロに対し、しまむらの16年2月期は3期ぶりの増益となった。増益の要因は機能性衣料などのヒットだ。

 従来「ヒートテック」や「ウルトラライトダウン」など機能性衣料は、ユニクロのお株だった。だが、しまむらは15年の秋冬物で裏起毛のデニムパンツ「裏地あったかパンツ」が100万本を超すヒット商品になったり、生地ブランドの「ハリスツイード」とのコラボ商品が売れるなど、価値訴求が成功。いくつかのヒット商品がけん引役になる格好で来店客数が増え業績を伸ばした。

 すでにネットなどで情報がはん濫しており、消費者は情報を基に、質と価格を吟味できる。この質でこの価格ならばと価値を厳格に見極める。しまむらが増益、ユニクロが減益という業績は、消費者の価値志向に対応できたか否かの結果といえる。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160505-00010001-newswitch-ind

 

ユニクロは、消費税が8%になった頃から、全然買わなくなった。

内税方式から外税方式になり、そこで8%値上げ。そんな状態でデニムが1本5000円近くまで上昇。税込みで5400円円くらいするわけです。

こんな品質のデニムにこんな価格をだすなら、昔のようにエドウィンやリーバイスを買ってもいいじゃないかと思えるくらい高い。

 

そもそもその価格帯なら、GAPの半額デニムを買った方が安く思える。

GAPの方がユニクロよりも高いイメージがあったがユニクロの連続値上げで全然、状況が違ってきた。そんなのにそれだけのお金を掛けるなら百貨店のセールを買った方がマシと思えるくらいのものだった。

 

それ以来、ユニクロでは全然、買わなくなった。

もともとそんなに優れたカッティングのデザインでもないし、品質は良いし、機能性も十分良いユニクロでもとにかく年々、生地が薄い。薄すぎてあっという間にダメになる。耐久力が全くと言って程ない。色落ちも変に激しいし、すぐに生地が伸びる。これは薄すぎるため、こうなっているように思える。

それで価格が1000円くらいとやすければまぁフォーエバー21も安いけど、それなりの品質だし、まぁしょうがないよねって思えていたものがまったく思えなくなったことだ。

 

いまユニクロは急いで値下げをしているがそもそも一度離れてしまうと、広告すら見なくなった。

へんてこりんなスマホアプリのクーポンとかを配り始めているがギャップのようにかならず5%引きになるわけでもなく、めんどくさい。だからユニクロのアプリは使わない。

服を買うなら、最近は別の店に行っている。ユニクロは2年位は買う気にはならない。意識がそこに行かなくなったのが理由。

 

高かろう悪かろうのイメージができすぎてしまった。

この感覚は自分だけなのかなと思っていたけど、最近の消費者は価格と品質には敏感になっている。そりゃ将来不安もありすぎるし、増税負担もあるため、価格には敏感になる。

そうなると自分とおなじ感覚の人が仮に多いとしたら、いまユニクロに持っているイメージは高かろう悪かろうというイメージで商品にすら興味を失い、服を買うならユニクロという意識知ら持たなくなったしまった層がいるということだ。

これはマクドナルドでも同じ問題が起きている。ユニクロはマクドナルドと同じ泥沼に陥るのだろうか?今度が注目される。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。