2015
07.17

メンズの白いリネンシャツは透けて難しい。下着を着るなら真夏はTシャツ1枚の方がいい

コラム

メンズのファッション雑誌でゲイナーとサファリを読んでます。

読んでると言っても雑誌買うお金があるならファストファッションで1着何か買えてしまうのでもっぱら立ち読みか図書館で読んでます。

 

そのような雑誌にメンズファッションとして夏に掲載されているのがリネンシャツ。

最近は、洋服を買う時は必ず試着してコーディネートの組み合わせを見てから買うようにしています。

スクリーンショット 2015 07 10 5 10 52

リネンシャツを着てみると分かりますがとにかく透けます。

こりゃ難しい。

 

リネンシャツが透けるからと下着を着るくらいなら、オフの休日はTシャツ1枚の方が全然ラフな着心地です。

リネンシャツは買わないことに・・・。

 

夏のメンズファッションを見ると、キレイ目を目指せとあります。

学生や若い人みたいなカーゴ短パンとかめちゃくちゃ短い短パンやハーフパンツなどは論外。ギリギリ膝が半分隠れるくらいの長さのショートパンツが理想的。

カラーはハリウッドセレブで大人気の紺色のハーフパンツで膝が半分隠れるくらいのチノハーフパンツです。

これを安く買おうと思うとH&Mがオススメ。

 

夏は暑いのでわざわざアウターを買う必要はありません。

コットンリネンジャケットというのがありますが今年は冷夏で着る時期が多いですが肌寒い5月とかそういう時期しか着るタイミングがありません。そういう時って何だかんだでパーカー1枚あると十分っていう事が多いんですよね。

服の種類を増やさず定番のカラー白、黒、グレー、紺で統一し、量を増やさず組み合わせをうまくまとめてタンスの量も増やさないようにします。

 

休日しか着ないおっさんのメンズファッションは意外に本数は必要ありません。

しかし、年齢とともにずっと服を買わずに5年とかいるとめちゃくちゃボロを着ていてダサくなります。さらにダボダボの服を着たり、単に温かいからとヤッケとか土方の作業着系で休日も過ごすようになったりしてきちゃいます。まったくオシャレを忘れやすくなりがちなので気をつけたいところです。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。