2015
03.23

マクドナルドは都内で混雑しているところとがら空きの二極化に

コラム

マクドルドの経営が悪化しており、労働環境も悪化しているということです。

スクリーンショット 2015 03 22 22 02 56

日本のマクドナルドは鶏肉問題でかなり影響を受けましたが、店舗がファミリー向けではなく、めちゃくちゃ狭いことが店内にゆっくり過ごせる雰囲気でもなく最悪だってことです。

 

マクドナルドは、余程のタイミングじゃないと店内の席が開いていないほどと言うことがなくなりましたね。休日も空いていたりします。

銀座のマクドナルドは満席で席が空いていません。新宿などもかなり混雑していますよね。

 

これが不思議と六本木や麻布十番のマクドナルドに行くと面白いことに常にがら空きです。

客層が違うのが明らかです。

麻布十番だとマクドナルドは黒人男性が携帯ゲームのPS VITAをやっていたり、外国人と日本人の子供が一緒に食べていたりします。

ここはアメリカのスクールの近くにあるマクドナルドかい?って思えるくらい日本人ばなれしています。

 

日本人は上島コーヒー店にめちゃくちゃ入っています。麻布で人気店は間違いなく、上島珈琲とスタバです。タリーズも比較的空いています。マクドナルドはがら空きです。

 

アメリカ本国のマクドナルドもかなり苦戦しているようです。

アメリカではジャンクフードはカラダに悪いという風潮が強まっており、健康志向ブームです。ジャンクフードまで安くなくてももう少し出せば健康的な食べ物と言うものに客が流れています。

日本で言えばモスバーガーとか、サブウェイでしょう。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。