2015
09.27

マクドナルドのビッグマックを1個食べるだけで身体の中でこんなに変化が出ます

コラム

ビックマックの美味しさの裏にひそむ罠!

ビックマックにかぶりつく最初のひとくち、最高に美味しいですよね。ふっくらモチモチのパンに、サウザンドアイランド・ソースとピクルスにレタスの絶妙な混ざり具合、マックのハンバーガーを代表する味です。そこにフライドポテトとコーラを挟みますからね、もうジャンクフードの真骨頂。でもビックマックを食べたあと、体の中では何が起こっているんでしょうか?

Fast Food Menu Priceが作ったインフォグラフィックに詳しく載っています。最初の10分で血糖値が異常なレベルまで上昇。そしてドーパミンが放出されるため(ドラッグを摂取するときと同じ!)いい気分に。20分でパンに多く含まれている糖分の虜になり、30分で喉が乾く効果のあるナトリウムがあなたを攻めてきます。喉の乾きは、お腹が空いていると体に勘違いさせるんだそう。40分経つと、血糖値のコントロールが効かなくなっているのでもっと食べたい気分に。60分後には、体がやっと「おえ、これを消化するのにえらい時間かかるな」と気がつきます。普通の消化は24時間から72時間かかりますが、ビックマックはくせ者です。完全に消化するまで3日もかかります。

美味しさにつられますが、ジャンクフードとよばれるだけのことはありますね。

https://www.gizmodo.jp/2015/09/post_18371.html

スクリーンショット 2015 09 27 12 57 56

ビックマックはマクドナルドの商品の中で一番好きなんですよね。でも、高いから株主優待券を使って購入しています。

株主優待券は金券ショップで購入しているのでマクドナルドの株主というわけでもないです。

 

株主優待券だと好きなモノが食べられるのでわざわざ100円のハンバーガーを選択する事はありえないわけです。

必然的にもっとも高価なものを選びます。

 

ダブルクォーターパウンダー・チーズです。

これはビックマックよりもカロリー高いですし、肉汁ドバドバで塩っ辛い。でも食べごたえがあります。

めちゃくちゃ食べると身体に変化ありそうです。

 

ダブルクォーターパウンダー・チーズを注文すると今から作るので番号札をお持ちになって席にお座りくださいと必ず言われます。

簡単にすぐに調理できるものでもないようですよね。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。