マイクロソフトWindowsアップデートの不具合が発生!2月の不具合をまとめ

コラム

マイクロソフトが2月11日に公開した月例の更新プログラム(修正パッチ)に不具合が報告されている。米Sans Instituteが、4件の不具合について情報をまとめている。

 Internet Explorer用のセキュリティ更新プログラム「MS15-009」については、同時にインストールされるSSL 3.0の脆弱性に対処する更新プログラム「KB3023607」の不具合が報告されている。Windows 8.1またはWindows Server 2012 R2で、Cisco AnyConnectのクライアントアプリケーションを使用してVPN接続を確立する際にエラーメッセージが表示されるというもので、この問題に対するfix itが公開されている。

 Windowsカーネルモードドライバーの脆弱性を修正する「MS15-010」については、セキュリティ更新プログラム「KB3013455」のインストール後に、Windows VistaまたはWindows Server 2003で一部のテキストの品質が低下することがある。マイクロソフトではこの問題について、現在調査中としている。

 セキュリティ修正以外で提供された更新プログラムでは、PowerPoint 2013向けの更新プログラム「KB2920732」に不具合が確認され、現在この更新プログラムは公開が中止されている。また、Visual Studio 2010 Tools for Office Runtimeのアップデートとなる「KB3001652」についても、インストールが完了しない不具合が確認されたため、一時公開が中止されたが、現在は修正版が公開されている。

https://internet.watch.impress.co.jp/docs/news/20150217_688730.html

何度も何度も不具合アップデート流しまくりですね。

アップデートが自動的に更新されるように自分のパソコンはなっているのですがいつ起動しなくなるかはわかったもんじゃないですね。品質が落ちているというのか、あまりにもセキュリティレベルが増えすぎて検証範囲が追いつかないというのか、ウィンドウズアップデートをする行為がリスクになりつつあります。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。