2015
11.12

ブラウザのクロームのMacの切り捨て方が半端じゃねー!!10.8までも切り捨てるとは!!

コラム

これで本当にさよならだね。

グーグルは、公式のサポートが終了したOSのサポートを来年4月に終了すると発表しました。対象となるのはマイクロソフトのWindows XP、Vista、アップルのMac OS X 10.6〜10.8です。どれも公式からの積極的なサポートが終了したOSです。

スクリーンショット 2015 11 12 23 21 32

今年の4月にマイクロソフトがXPのサポートを終了させた時、「2015年いっぱいまではChromeのサポートをします」というアナウンスがありましたから、予想よりも少し延長したところでしょうか。特にWindows XPは異例の長寿OSでしたが、これを機にOSを最新のものに変えた方がよさそうです。

サポートが終了したOSは、マルウェアなどへの対策も不十分。さらにサポートが終了したChromeを古いバージョンで使い続ければ、この先セキュリティホールが見つかってもパッチをインストールできません(これはOSにも言えることですけれど)。つまり、いつ何のウィルスに感染するか分からないってことなんです。

でも、長年使い続けているアプリケーションやゲームソフトが古いOSにしか対応していないため、OSをアップデートできないこともあると思います。そういう場合はネットにつながず、スタンドアローンの環境で使うのが無難かもしれませんね。

https://www.gizmodo.jp/2015/11/chrome20164xpvistamac_os_x_106.html

 

Windowsは流石にXPやVistaのサポート切るのは分かる。でも、Macの切り方は早すぎだろう!!

これ我が家でも現役なんだぞ!!

と思ったら、10.9を使ってた・・・。でも、どんどんOS最新版ばかりのサポートになるなぁ・・・。

 

OS最新にしろといってもMacの場合、OSは無料だから各自でアップデートの作業をすればいいだけなんだけど、最新のOSにアプリケーションが対応していないと嫌だから、アップデート出来ないんだよね。アップデートしなくても特に困ることもないからね。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。