2015
05.09

バーゲン戦争、GAPのゴールデンウィーク80%値引きセールも終わったわけです。疲れた

コラム

GAPのGWセールが昨日で終わってしまいました。

毎日のようにGAPへ行き、定番カラーの単色系のシャツやジャケットなどを買って行きました。

通常はシャツも1着8900円くらいで販売していますが995円まで下がります。しかも税込みです。めちゃくちゃ安いのでとにかく買いました。

スクリーンショット 2015 05 09 5 53 58

ゴールデンウィークはH&Mもセールをしていましたので買いました。

H&Mは男性物のセールは殆ど期待できなかったです。トンデモなく安く9割引きで100円、300円で販売されているものも意外に定番があり、これがめちゃくちゃ安い。しかし、女性物しか安くなっていないのがH&Mの特徴です。

 

一方でGAPは女性物の値引きがあまり期待できない。

男性物の方が圧倒的にセールになる。つまり、在庫になっていると言えます。日本のファッション業界というのは明らかに女性をターゲットにしないと儲かりません。

 

女性は服の買い替えサイクルが非常に短いですし、流行でトレンドじゃないとなるとすぐに買い替えます。

男性は買い替えサイクルが長いです。定番のものを買うと数年買わないとか平気でいます。だから、女性物じゃないと商売にならないわけです。

丸井だって高島屋だろうがメンズ売り場はスーツを除くと殆どありません。女性ものばかり。

 

買いまくったGAPのセールですがとにかく安かったのがこの時期でも冬物でした。冬物最終処分と言う感じでしょうね。

例年だと6月下旬ごろにまたやるかもしれませんし、その次は9月下旬くらいもやるかもしれません。

夏物もセールになったら買いまくります。変な縞模様とか、この色はちょっとというのはすぐにセール対象になりますがなかなか売れていませんね。でも、売れてはいます。

 

こういうのを見分けて買うのが難しい。

H&MやGAPはタグが付いていると30日返品可能なのでその場で良さそうと買ってみて、自宅で試着し、数日考えてそれでも欲しいかと思うのをストック。

デザインがイマイチだったり、これはちょっとというのはどんどん返品です。

 

昔はこういった返品という感覚がなかったので変な服でも我慢して着ていて、またまたダサくなる。

ダサくて売れ残ったセール品を買うから、更にダサくなるという感じもありましたが返品が出来るのは強いですね。

 

ズボンの裾直しはH&Mは提携先しかありません。GAPは有料です。

裾直し込みならユニクロ最強ですね。ズボンは全然、ユニクロでもいいと思います。シャツはおっさん体系のラインで生地をカッティングしているのでデブではないならば他で買うほうがいいです。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。