2015
01.28

ハイレゾ専用のケースが3万円と話題に

コラム

ソニーはハイレゾ戦略が成功しているように思えます。iPhoneなどではない分野を作ったと言えます。

MP3音源からハイレゾが主力になれば一気に市場が拡大することでしょう。しかし、ハイレゾは一般向きではないと思います。音楽ファイルが通常5MBなどのMP3が普通ですがハイレゾは50MBなどあります。

動画並みにファイルサイズが大きいです。

 

さらに専用のヘッドホンが必要であり、BOSEなどもこの分野に参入はしていません。ソニーとその他国内メーカーのパイオニア、オンキョー、オーディオテクニカなどが参入しています。

さらにスマホや安価なウォークマンでもハイレゾ対応というのが出てきましたが本格的なものとなると10万円以上するものもあります。これは広く売れる商品ではなく音楽にかなり興味があるコア層を狙ったものとなります。

スクリーンショット 2015 01 28 6 14 58

【ストア限定】ワンランク上のプレミアム感を演出する
ウォークマン® ZX2専用オリジナルケース

  • <主な仕様>
  • 素材:牛革
  • カラー:ブラウン
  • 外形寸法:約W83×H140×D24㎜
  • 質量:約40g
  • ※天然素材になりますので、色に個体差がございます。予めご了承下さい。
  • 単品販売価格:27,800+税

スクリーンショット 2015 01 28 6 15 16

コア層を狙った商品といえ、専用ケースが3万円近くします。

安売りをせずにプレミア感を出すことを重要視しているため販売数を多くしたいという商品では無いと思います。ハイレゾは家電量販店で試してみましたがBOSEの3万円以上するヘッドホンで音楽をMP3で聴く事と自分はそんなに差を感じませんでした。

そこまで音にこだわっているわけではないので耳が優れていないのかもしれません。

 

ただ、通勤電車で音楽を聴くため、音楽というよりも防音やノイズキャンセリングが重要です。雑音って意外に疲れるんですよね。

 

こういった高額商品を買う時なんですけど、消費税が別途っていうのは痛いですよね。

カートに入れて実際に支払う直前でドカーンと上乗せ来ますから・・・。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。