2017
02.08

ネット依存で長時間スマホを利用している子供は学力が低いことが明らからしいぞ

コラム

スマートフォンなどでインターネットに長時間ふれている子どもほど日常的にイライラし、勉強への自信がなくなる――。こんな傾向が近畿ブロックPTA協議会と研究者の調査でわかった。研究者は「深刻で放っておけない状況だ。子どものネット依存の実態を大人がきちんと知るべきだ」と話している。

 調査は昨年11月、近畿のPTA(6府県と3政令指定市)が抽出した小中学校に依頼して実施。小中学生計5695人の回答を竹内和雄・兵庫県立大准教授(生徒指導論)の研究室で分析した。

PHM01_0074

 

 スマホやゲーム機などを通じたネット接続時間を聞いたところ、1日に「3時間以上」と回答したのは、小学生13・2%、中学生26%。「3時間未満」は小学生72・0%、中学生62・7%で、「接続しない」は小学生14・8%、中学生11・2%だった。調査では3時間以上をネット依存の状態とみなした。

 イライラすることの頻度を聞いた質問で、「よくある」を選んだのは、「3時間以上」の子が22・4%、「3時間未満」が15・1%、「接続しない」が14・0%。勉強への自信を聞いた質問で「自信がない」と答えたのは、「3時間以上」の子が38・1%、「3時間未満」が22・7%、「接続しない」が22・0%だった。

 ネットで知り合った人と実際に会ったことがあるかを聞いた質問で「ある」と答えたのは「3時間以上」が16・8%で、「3時間未満」が6・4%だった。

 竹内准教授は「ネット依存の子どもほど社会性や学力が身につきにくく、犯罪に巻き込まれる危険性も高まる。子どもが納得できるネット使用のルールを大人が関わりながらつくる必要がある」と話す。

https://www.asahi.com/articles/ASK235RZHK23PTIL01W.html

 

ネット依存はそれだけ時間を取られるからね。勉強が出来なくなるのは当たり前かと思います。

イオンなどの大型ショッピングモールへ行くと休日はニンテンドー3DSを延々とプレイさせて買い物をしている親が多いです。どこへ行っても四六時中ゲームをさせています。

それでスマホのゲームなどを与える親もいます。そういう子はやはり学力が低くなるのは当然です。必要な時期に必要な興味学習がないわけですからね。

 

これは完全に親が悪いとしかいえません。

私の場合、ネット依存というよりも仕事をしたり家族の時間を考えて寝る時間も健康を意識して早く寝るとなると殆ど何も出来ない状態です。

それで日々過ぎてしまいますので平日は何も出来ない状態になりますね。朝の通勤時間は日経新聞を読み、夜の通勤電車では図書館の本かお出かけ転送した番組を見ます。

ゲームをする時間はなかなか確保できません。確保したいですね。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。