2015
04.22

ニートで働かないものは強制労働出せるか罰則を出すとロシアのベラルーシで新法案

コラム

ロンドン(CNNMoney) 東欧ベラルーシのルカシェンコ大統領が18日までに、少なくとも半年間職に就かず、納税していない国民に罰金を科す新たな法令に署名したことがわかった。

罰金は少なくとも252米ドル(約3万円)で、支払わない場合は拘束され、地域社会での奉仕活動が命じられる。
ルカシェンコ氏は1994年から実権を握り続け、欧州で最後の「独裁者」との見方もある。

今回の法令は、健康な国民の就労を促し、国家支出の財源づくりへの参加を義務付ける憲法の尊重を強調するのが狙い。ただ、未成年者、身体に障害がある国民や高齢者は対象外となっている。

人権団体「国際人権連盟」はベラルーシ政府に対し法令の廃棄や「強制労働」の廃止を求めた。同連盟によると、ベラルーシはアルコールや麻薬の中毒患者を治療センターと称する施設に強制的に閉じ込め、働かせている。

https://www.cnn.co.jp/business/35063381.html?ref=rss

PAK93 taikusuwariatama20140322600

日本のニート問題どうなるんでしょうかね。

裕福な家ばかりがニートになるわけではなく、生活保護の家だろうが子供がニートなど普通にありますからね。

もっと義務教育でもいじめ問題やニートにならないためにはどうすればいいかなど、本気で考えませんかね。義務教育で教育させるよりもソッチの方が重要な気がします。

教育させても家に引きこもって人と接触せず、対人恐怖症になり追い詰められると奇声を上げるなどにならない方法です。こういうのが結構多く統計などで傾向がわかっている割に各家庭で自己解決するか解決できないなら個人の資産で養いなさいと言う感じですからね。

ロシアの強制労働というのもちょっと日本では違う気がします。無理やり仕事させればそれからニートしなくなるかというとそういうものでもありません。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。