2015
03.23

タブレットはパソコンよりも脊椎上部に負担が掛かり過ぎる!!使い過ぎは危険だぞ

コラム

タブレットって普及してきましたが机の上に置いて使っている人も多いと思います。これは重いのが理由なのですがこれが非常に首への負担を掛けているようです。

タブレット端末を使うとき、どうしてもユーザーの上半身は前かがみの姿勢になりやすい。このため、脊椎上部に負担がかかる。

実際、ワシントン州立大学の研究チームが、タブレットユーザーの姿勢をレントゲン写真などでチェックし、首などの筋肉に大きな負担がかかっていることを確認した。

その負担の度合いは、デスクトップコンピューター使用時といった通常姿勢の3〜5倍だという。

特に、タブレット端末を腿の上、または机の上に平らに置いた状態で使用すると、頭の重力でより前かがみ姿勢になり、頚椎への負担が大きくなるのだという。

タブレット端末の使用姿勢に要注意!頚椎への負担はPCの3〜5倍:米研究

PHM15 0203

義務教育にもタブレットを導入して教科書の電子化とか騒いでいる人もいましたからね。これはかなり悪いことです。

 

子供でもスマホを持っている人が増えてきました。小学生高学年でかなりの人がスマホを持っています。

夜中でもLINEをガンガン使っていたり、無料ゲームに時間を使っています。防水なのでお風呂場でもスマホを手放さないで使っている人もいます。そりゃ学力も下がるでしょうね。

スマホを誰もが持っているからと子供に買う親が多いです。携帯電話が普及してきた時は奥さんはスマホを持っていなかったと言う人もいましたが今の時代、持っているのが当たり前ですからね。

ガラケー時代と違ってスマホを使っているので家族全体的にスマホ代を計算すると毎月の負担が凄まじくあったりします。

 

学力低下だの脊椎上部に負担だの言われているんですから、もっとこんなものを使わない時代の方がいいのではないかと思います。

このスマホを世に出したジョブズはすごいことに子供にはスマホやタブレットは一切触らせていません。Microsoftのビル・ゲイツはパソコンすら子供に使わせません。

 

世界のお金持ちはスマホを子供に使わせません。低所得ほどスマホを子供に持たせてずっと操作させていれば静かでいいとか、テレビばかり見せて静かならいいというふうに育てています。それで学力が上がるわけはありません。

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。